フレッシャーズな初心者ライダーと愛車のTMAX530(時々BMW)についてほのぼの語って行きます(^o^)/

再・再修理へ\(^o^)/

ちょっとこの間から気になっていた異音について、
かなり気になり始めていたためまた修理へ\(^o^)/

親父にはいろいろお世話になりましたm(_ _;)m

IMGP2026.jpg

もうあまりに修理関係の記事が多すぎるから、別のカテゴリでもつくろうか思案中(笑


★状態

実は、ほんの少しだけ、エンジンの冷えた状態で発進をすると、
CBR250Rの車体から異音がする症状がありました(^O^;)
それはほんとに小さいもので、あまり気にするもんじゃないなー・・・なんてのんびり構えてましたが、
ハンドルロック修理後、修理とは関係ありませんが、
その異音がいっそう大きなものになってしまったため、今回修理に出すという運びに(ーー;)


実家に帰ったのも、その異音の為で、まずは親父に見てもらってからにしようというものでした(^^)v

バイクに関して親父はピカイチなため、とりあえず試乗へ

俺はそのとき部屋にいました(寒いのでw
急発進というわけじゃありませんが、親父が普通にCBR250Rを発進させますがー・・・

ギギィッ、、、!
という異音が一瞬し、そのあとは普通に走行
親父がこれを何度も繰り返して、状態をみてくれました


★親父の考察

・車輪やブレーキ関係のじゃないな!
・湿式多板クラッチが原因じゃないか?

朝一など、エンジンが冷え切っている状態のときは、当然あまりオイルがまわっていない状態
そのときに「ギギィッ!」という異音がする
         ↓
原因としては、寸法公差が広がった時(クラッチの摩耗やシャフトの歪み)に、
クラッチ板がぶれて音が出るのでは?

あー・・・なるほど、さすが理系ъ(゚Д゚)グッジョブ!!(関係ない
納得のいく説明をいただきました
こういう時思うけど、つくづく両親が共にバイク乗りって便利だな


また、縁石乗り上げ事故とは全く関係なさそうっぽいので、おとなしくレッドバロンへレッツゴー!\(^o^)/
何度もレッドバロンさんさーせん\(^o^)/

親父が帰ってきたbandit1200sに乗って、俺がCBR250Rに乗って行きます
帰りは俺が親父とタンデムすればOk!

レッドバロンに着き、いつもの工場長に、状態を簡単に説明
親父がフォローしてくれるのが助かる(~o~;)
話によると、初期不良で対応してくれるそうですが、メーカーの返答次第らしい...まあ大丈夫か!

また来ましたよー買うときにお世話になった店員さん(´・ω:;.:...



一週間はまたレッドバロンにお預入れのCBR250R
ついこの間までは優等生だったのに・・・どうしたんだー\(^o^)/
まあ、手のかかる子ほど可愛いというし、無事に治ってきてくれさえすればそれでいいか

このあと、親父の後ろにのっかりマック寄って帰りましたが、
bandit1200sの巡航や加速恐るべき(((( ;゚д゚))))
CBR250Rが3速くらいで走ってるようなとき平気で1速だったり、出だしの加速なんかもうorz

乗りたーい+(0゚・∀・)
スポンサーサイト

サイドスタンド修理\(^o^)/

ちょうど昨日、サイドスタンドの修理をしてきました\(^o^)/

先輩のお兄さん(通称お兄さん)に教えていただいた工場で、破格の値段で(・∀・)
お世話になった皆様、ありがとうございました!

hasirizome.jpg

以前あった、伊良湖ツーリングでの縁石で曲がったフレームに、サイドスタンド

詳しくは以前の記事を見ていただければ状態がわかると思います
それを昨日直してきたわけです!

先輩と、近くのマックスバリュに16:00集合し、いざ工場へ!
マックスバリュに集まった時、お兄さんに「こりゃあ倒れるかもね」と言われましたがその通りです(-_-;)

話には若干聞いていましたが、いかにも工場、という感じのところです(^O^)v
まさかこういうところに来るとは思わなかったでしょ、と言われましたが、
いろいろと面食らってました\(^o^)/


1.jpg 4.jpg


工場の方は二人体制でやっているようで、むむむ・・・雰囲気からするとちょっと怖そう?
そう思っていましたが、それは最初だけでした
ほかの作業をしていたそうですが、こちらの方にかかってくださるようです
申し訳ありません(´・ω:;.:...

カウルを外し、アンダーカウルを外していきます
そうしないと、フレームをバーナーで焼くときにこげがついてしまうからだそうです
素裸のCBR250Rを初めて見た!

※このカウルを外すところですが、俺が頑張ってもとれなかったウィンカーをいともたやすくとってました(゜o゜!

状態を確認していただいたのですが、やはりフレームとサイドスタンドの接地部分が曲がっているようです

もっと根元のほうで曲がっているって話も出ていたので、
個人的にはかなりビクビクしていましたが、一安心(~_~;)


2.jpg 3.jpg

さて、場所を移動させて、いざバーナーを当てます
内心では、プロの腕を疑っていたわけではないのですが、バーナーで焼くとか初めて見たとかで、
かなりヒヤヒヤしていました(´・ω・`)
途中パンパン音もしていたり


少しバーナーを当て、工場長が調整を終えたあと、
 「このくらいならどう?」
またがって、サイドスタンドを掛けます
 「(すげえー!前とほとんどおなじくらいだ!)丁度良いです\(^o^)/」

・・・プロでした(((( ;゚д゚))))

このあと、焼いた部分に塗装を施してくださいました、そしてカウルの組み立て
すべての工程においては、「カウルばらす→焼く→塗装→組み立て=一時間半くらい!」
嬉しすぎて、終わったあとお礼ばっかりいってました(笑



さて、全て終えたあと、お金を払わなければいけないため、値段を聞いてみたところ、
12000円でいいとのこと・・・

耳を疑いました(゜o゜;
レッドバロンだと、輸送料と技術料で50000円くらいはかかると聞いていたのですが、
破格すぎる、ありがとうございます\(^o^)/

見た目も元のまんまで、
バイクの角度もほぼ同じ
非の打ち所なしの技術です、恐れ入りました( ;∀;)


惚れてまうやろ\(^o^)/
ということで、浮いたお金で何をしようかなー・・・なんて考え中です
そこの工場では、塗装の腕もかなりのものと伺っているので、ホイールの塗装をお願いしようかな(^O^)v


最後に、お世話になった方々、いろいろとありがとうございました!

CBR250R帰還\(^o^)/

ついにCBR250Rが退院しました\(^o^)/

久々な上、ちょっとしたトラブルも発生した嬉しいのか悲しいのかよくわからない日(笑

IMGP2001.jpg

IMGP2003.jpg IMGP2004.jpg

昨日、伊豆に友人といってきたため、疲労のせいか12時まで爆睡
やってしもた(^O^;)
できるだけ早い時間に起きる方が、一日を長く感じられるから好きなのですが(;´∀`)

昼飯兼朝飯を食べているとき、レッドバロンからお電話
どうも、メーカー保証が聞いて修理が無事終えたらしいとのこと\(^o^)/
やったね、タエちゃん!
意外と早い時間に終わり、そして保証が効いたので無料(^^)v

飯を食ったあと、すぐさまレッドバロンへ向かいます
そこで、いろいろな話を伺えました


key.jpg key2.jpg

キーシリンダーです\(^o^)/
どうも、こいつを交換したら治ったようで・・・

鍵を普通さしたら、何かしら解除できるかのような感触があるのですが、
この壊れたほうでは全くありません
かなりイレギュラーなケースだそうで、全国のレッドバロンさんの、CBR250Rの事例では一度もないそう
全国初めての偉業を成し遂げたぜ+(0゚・∀・) + ワクテカ +

・・・良いのか悪いのか(-_-;)
これはメーカーのリコールになるのかわかりませんが、他のCBR250Rでも出てきたらなるだろうな
店員さんいわく、一台あったら10台くらい症状が出てもおかしくないとのこと

以上、このCBR250Rのキーシリンダー不良に関しては終了です!
CBRに乗っているライダーのみなさまもくれぐれも気をつけてm(_ _;)m



★さて、話は続き

このあと、試乗もかねて、竜洋海洋公園まで行って来ました
最初立ち寄ったところがここだったので、原点回帰もかねてです
しかし、風が強く、おまけに海岸線まぎわの道が工事で通行止めだったため、すぐ引き返しました(^^)v

引き返し、150号を浜松方面へ向かいます
その途中、CBR250Rに異変が\(^o^)/

またかよ!

掛塚橋を渡り終え、少し走ったところで、ギアがローとセカンドにしか入らなくなりました

いそいで脇道に入り、状態をチェックしましたが、どうもニュートラルに入らないっぽい
ギアが上がったままになったり、下りたままになったり

ガチャガチャやっているうちに、4速までは動くようになったので、
おとなしく4速で、また再びレッドバロンまで行くことに( ;∀;)

4速でこのまえさんざん走った+トラブルに変な耐性がついたのか、
落ち着いてレッドバロンまで辿りつけました

店内に入り、工場長に状態を説明しました
店内の店員さんとも会話したのですが、皆最初は苦笑い(笑
そりゃそうだ、何回も不調で立ち寄ったのだから(ーー;)

作業中のあいだ、バロンの店員さんと雑談をしながら待機
メーカーリコールとか、鍵穴の不調がどうのこうの、いろいろお話をさせて頂きました
結果、機械だからしょうがねえ\(^o^)/


DSCF9410-2.jpg

作業を終え、工場長から状態を伺いました
・シャフトとペダルの遊びがほとんど無かった → 清掃とグリスアップをし、さらにヤスリがけをした
とのことです

状態を伺ったのですが、いまいちよくわからず(~o~;)
原因も、このまえの伊良湖での事故が原因か、初期不良かも判別できないとのことです
ただ、シャフトの部分に若干の削れがあったこと、それまでは正常だったことを踏まえると、
おそらく衝撃で歪んだんだろうなー・・・(^O^;)
あのときからの、ギアチェンジの違和感はこれが原因か

今回は原因が不明だったため、無料にしていただけましたъ(゚Д゚)グッジョブ!!
ありがとうございます
ギアの違和感も全くなくなりました


これ以上不具合がでなければいいけど・・・

CBR250R修理へ\(^o^)/

ついに、本日ですが、CBR250Rがレッカーされ、修理に出されました\(^o^)/

ちゃんと治って帰ってこいよ!
っていう気分でしたが、駐車場にCBR250Rのがなく寂しいぐれぷんです(´・ω:;.:...


DSCF9449.jpg

今回の修理ですが、年末に起こした事故とは全く関係がありません
というのも、ハンドルロックがおかしくなったというわけのわからない症状を発症しまして(^O^;)

サイドスタンドの件はレッドバロンではなく、静岡市内の紹介されたところでやろう、
という結論にいたり、乗り納めの次の日に発症したという・・・
ついてなさすぎる(T_T)


もしかして、他のCBR250Rの所有者様がこられるかもしれないので、症例を
・ハンドルロックが全く解除されない
 鍵を指し、ハンドルロックをイグニッションの方へ回しても、ハンドルロックの遊び内から動かない

というものです

レッドバロンの店員さんに症例を聞きましたが、全くなくイレギュラーなことだと\(^o^)/
初期不良の可能性もあるので、CBR250Rの所有者の方はご注意を


ということで、レッカーの様子を写真に撮ってのっけます(^^)v
決して状況を楽しんでいるわけではないので(ーー;)

DSCF9436.jpg DSCF9437.jpg

今朝10:30頃、レッドバロンの方がこられました
工場長というワッペンがあったので、これは心強い
新年早々ご苦労様ですm(_ _;)m

まずは、トラックを横付けし、そのままクレーンを用意します
そして、用意したロープを、CBR250Rのタンデムステップと、ハンドル周りに巻きます


DSCF9438.jpg DSCF9439.jpg DSCF9440.jpg DSCF9442.jpg

巻き上げ、あとはそのままクレーンで吊り上げ乗っけるだけ
風も強く、正直細いクレーンだったので無駄な心配ばかりしてました、バカス\(^o^)/
プロに任せておけってことですね!

コマ送り風に撮ってみました


DSCF9443.jpg DSCF9444.jpg DSCF9445.jpg

無事、トラックの荷台に接地し、安定
タイヤの前後をトラックに固定し、これで無事積載完了\(^o^)/

このあと、親父のbandit1200も乗っけるため、ちょこっとだけ移動させます


DSCF9448.jpg

親父のbandit1200も、H22で車検切れを起こしていて、
前から車検にだそう車検にだそうと言っていたことが、やっと本日達成されました

良かったねbandit!
四気筒の音も良いですが、それよりもbandit1200を積載したレッドバロンの方の手際の良さがすごい(笑


★おまけ
このあと、午後にレッドバロンの方から電話が来ました
「普通に使用されてこういう状態(ハンドルロックの解除不可)になったため、
メーカー保証が適用されると思うので安心してほしい」
、という内容でした

ただ、メーカー修理が今週末あたりからのそうで、
そこから輸送→修理→帰還、の手間を考えると、おそらく半月は帰ってこないだろうなー・・・とのこと

まさかこんな状態になるとは予想もできず、ただただびっくりしてます(・_・;)
病院から帰ってくるまでは、しばらく親父のジェベルを使います
ああ(;´∀`)

けど、ツーリング中とかじゃなくて本当によかった(ーー;)
早く全快になってかえってきて欲しい限りです!

続・縁石に乗り上げ(T_T)

大どんでん返しがありました(-_-;)
更新する予定はなかったのですがー・・・困ったもんだ困ったもんだ(^O^;)

DSCF9412.jpg

DSCF9416.jpg DSCF9414.jpg DSCF9410.jpg

現在の、変形後のサイドステップの写真です
指の写っている写真で、指先の部分・・・フレームにシワがより曲がっている部分が今回の問題箇所になります
この写真を撮った理由ですが、
以前、CBR1000RRに乗っていらいる先輩のお兄さん(通称お兄さん)から、
静岡市内にある板金屋さんを紹介され、そこと連絡をとり、先方が写真を見て状態を判断したいということで、
この写真を撮影しました

先方の写真算定のところ、車体のフレーム自体が歪んでいるわけでもないので、
うまくいけば安く、しかも日数を短くできるということでそちらに5日に預けに行くことに決定していました
お兄さんにもついていただけるということで、安心安心!
そしてさらに、そこの塗装の腕を聞く、あわよくばホイールを黒に塗装でもしようかなー・・・なんて考えも

そう、今日までは(^O^;)



昨日はバイトの関係で、バイクに乗れなかったのですが、
今朝親父から聞いた一言・・・

「ハンドルロックがはずれん。バイク動かせん。」

え、意味がわからない\(^o^)/
親父に、このまえの縁石乗り上げで車体に変化がないか、試乗を頼んでいたのを思い出した

さっそくパジャマのまま外へ行き、鍵穴にホンダのロゴがついて鍵をいつも通りに差し込み、
ひねってonにする・・・
する・・・

あれ、できないじゃん・・・(^O^;)

何度もやってもできない・・・
そりゃそうだ、バイクのプロの親父がどうあがいてもできなかったのだから俺でできるはずが・・・orz
ハンドルロックのところの遊びから、offのところへ鍵がいかない

鍵穴に何かつまっているわけでもなく、原因が全くわからん
おとといは普通にバイクを降りて、いつも通りだったのですが・・・どういうこっちゃ


もうどうすることもできないので、レッドバロンが30日までやっていることを思い出したので、
引き上げをお願いしたのですが、してくれないとのこと(-_-;)
なにか理由言ってたけど、それは忘れた
1月4日が仕事初めらしいので、朝一番で回収をお願いしました
※親父はちゃっかり車検切れのbandit1200の回収及び車検をお願いしてました(笑



年末そうそう、なぜにこんなついていないのだろう・・・
まあ、しょうがない、こういう時もあるさ
と、割りきろうと、本日の午後は気分転換しに、先日にもいった「げんらくさん」へ友人と行きました

その友人ですが、カメラに大変詳しいため、バイクの話もですが、俺が使い始めていたカメラの話も、
楽しくしていたところ・・・カメラの異変が・・・(^_^;)

あれ、画面中央から少し右側にですが、何か黒い点が見えます
これはきっと気のせいだ、そうだ、画面に汚れでも・・・と思い、必死にふいてみましたが、
どうもレンズの中っぽいです、ほこり(・_・;)

ああ・・・やばい、カメラも修理行きね・・・ああ(-_-;)
5日に、静岡に行く用事がもともとあったため、家にある保証書と箱をとってこないと

なんてこった\(^o^)/
こうやって書いてても泣きそうになるなー・・・ついてないついてない
けど、来年はまたやってくるんだよなー・・・



おとなしく、年越しを迎えます
明日、年度最後の更新します\(^o^)/