フレッシャーズな初心者ライダーと愛車のTMAX530(時々BMW)についてほのぼの語って行きます(^o^)/

ヘルメットにスピーカーを仕込む\(^o^)/

静岡市に帰宅!

ちょっとテストでバタバタしていますが、ちょこっと時間があったので、
ヘルメットにスピーカーを仕込んでみました
やり方はすごい簡単です\(^o^)/

DSCF9056.jpg

トップ画像は、v(・∀・)yaehで同じみのunchainです

ニコニコ動画であの曲を聞いていらい、いろいろと聴き漁ってます

バイクに乗っていると、音楽が聞けない
別に聞かなくても大丈夫ですが、BGM感覚で流せれば、どれだけテンションがあがるか!
まして、unchainとかのドライブソングを聞ければ最高だな( ^ω^ )ニコニコ

ってことで、取り付けにいたりました!



helmet-speaker1.jpg

用意するものは3つだけ!
・ヘルメット
 俺の場合は、いつも使っているOGKのVALLER
・マジックテープ
 むか~しむかし、お財布とか靴とかについていたバリバリするアレです
・ヘッドホン
 極力薄いタイプ
 
audio-technica イヤフィットヘッドホン ATH-EQ300M PLaudio-technica イヤフィットヘッドホン ATH-EQ300M PL
(2008/08/22)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る


以上のものを取り付けていきます!



helmet-speaker2.jpg

マジックテープですが、百均でうっている丸いタイプの片側をヘッドホンに貼り付けます
大きさがまさにジャストフィットでびっくり\(^o^)/



helmet-speaker3.jpg

マジックテープの片側は、ヘルメットのどこにつけようか・・・
お、ココらへん(赤いとこ)ならいけそう
耳のとこに、運良く平面なクリアランスがあるので、そこにマジックテープの片側を貼り付けます



helmet-speaker4.jpg helmet-speaker5.jpg

そしたら、マジックテープで貼り付くので、ヘッドホンをピタッとつけます
うん、うまくつきますね(´・ω・`)!
全く問題はありません

コードをヘルメットのインナーの内側にはわせていきます
OGKのこのヘルメットは、取り外し式インナーパッドなので、
結構簡単にぱちぱちと外れてくれるので作業がしやすい



helmet-speaker6.jpg helmet-speaker7.jpg


反対側も同じ要領で、マジックテープを取り付けてヘッドホンを貼り付けます
すごい簡単に終わってしまったがそれでいいのか・・・(笑

余ったコードは結んでおきます
それと、しょっちゅう音楽を聞くわけではないので、
聞かない時はコードが邪魔だな~・・・ってことで、いろいろ試行錯誤をしていました

最終的に、使わないときは頭頂部の凸凹の部分に収めることで解決!
かぶった感じも違和感はありません



★使った感じ

音量ですが、ヘルメットの取り付け部分と、耳との間に若干間があるため、
音量を大きくしないと聞き取りづらくです
まあそりゃそうだわな、耳にかけるタイプのヘッドホンなんだから(^O^;)


音質は、オーディオテクニカ製の難なしの音です
上述のクリアランスのため、シャカシャカ音が強調されはしますが、
低音もわずかならが感じられます

値段相応っていえばわかりやすいですね\(^o^)/


高速巡航をした場合、このヘルメットがシステムゆえに風をきる音が大きいため、
70km/h以上で巡航した場合聞きづらい印象がorz
風の抵抗をうけにくく、遮音性の高いヘルメットなら問題はないんだろうけど
まあシステムの宿命です(´д⊂)‥ハゥ


実質的にかかるお金は、105円のマジックテープと、ヘッドホン753円だったため、
コスパはいいと思います
ぜひ皆さんも試してみてください(^^)!
スポンサーサイト

梅ヶ島キャンプツーリングを終えて\(^o^)/

今朝、無事に梅ヶ島でのキャンプを終えて帰宅しました\(^o^)/

キャンプに温泉に、いろいろと楽しかったです!
ただ、改善点も多々あり・・・

ちょっとだけ日記がてらに更新です

umegashima-camp.jpg

ご覧の通り、満載でいきました\(^o^)/
GiviBox、DEGNERのサイドバッグ、リアシートのバッグ
これまでにないくらい積載をしました

実際の北海道ツーリングではこの仕様でいきます!
走ってみた感想は、やっぱり不安定になりますね、いろいろと(笑
こればっかりは仕方がありません
本番では、おそらく服やジャケットなどを考えるともっと重くなるでしょうorz


また、積載箇所が増えたことにより、積荷の積む場所を考えなくてはなりません

リアボックス:取り出すいので、バイクから降りてすぐに取り出したい物を入れる
サイドバッグ:あまり取り出さないものを入れる
mont-bellのバッグ:キャンプ用品
タンクバッグ:デジカメやジュースなど、ツーリングで本当にすぐに使いたいもの

これに関しては、検討に検討を重ねなければならないでしょう!


キャンプ自体も初めてだったため、いろいろと不都合な真実(ry
俺はテントを立てるのが下手です\(^o^)/
20分から30分もかかってしまたorz
これはスキルをあげないとまずいな~・・・

あと、携行する道具は今のものでほとんど困らなそうでした
・テント、シュラフ、銀マット、グランドシート、ハンマー
・ヘッドランプ
・食器
・虫よけ

ランタンや調理器具も必要ありません
近くにコンビニがあれば、それをうまく活用すれば荷物は減らせます(^^)v
調理器具もあればいいですが、なくても困らないでしょう

あると便利そうなのが、折りたたみ式のイス、コンバットナイフ
イスは、キャンプで外にいるときやちょっとした時に座りたいので!
ナイフは、地場産品をナイフで皮むきや袋明けをするときのため!



この梅ヶ島ツーリングについての記事ですが、テスト期間なのでまた後日!
いろいろと写真をとりましたので、のんびり更新しますヽ(´ー`)ノ




CBR250Rの初期不良についてです

先日、ヘッドランプのポジション灯に、変な液体がついているという話ですが、
どうもCBR250Rの初期不良として事例があるそうで、
この症状の出ている方にはパーツ交換の対処をとっていただけるそうです

詳しい症状ですが、ヘッドランプをみていただきますと、

umegashima-camp-1.jpg

この赤い○の部分に、どうも曇り止め剤が溶けて溜まってしまいます
色は、透明なカーキ色というか、オリーブドラブ色というか・・・
とりあえず見て何かあったらこれです!

走行等には影響ありませんが、対応をとっていただけるそうなので、
もし症状があれば初期不良で交換しちゃいましょう!


また、皆さんのCBR250Rのウィンカーランプのところですが、
雨の日とかのあと、曇ったりしていませんか?

俺のはなんか曇るのですが・・・これって・・・?(;^ω^)

レッドバロンの方に聞いたら、純正はパッキンついてるからないだろうけど・・・
症状が出たら教えてくれ、ということで雨待ちです(笑

残念、一週間雨予報はありませぬ

一年点検を終えて

北海道ツーリングに向けて、交換部品が多数出てきました
一年点検のお金と含めて、3万以上吹っ飛んでったような・・・orz

出費が痛い(^O^;)

irc-tire.jpg

1年点検は、本当は9月に行うはずだったのですが、
予想外に走行距離を稼いでいるうえに、北海道ツーリングがくるってことで、
急遽点検をします\(^o^)/

リアのパッドにプラグ、それにタイヤと素人目でも交換だろうな~っていうのが続々です

案の定ー・・・
・リアタイヤ(スリップサインがでてきてる)
・イリジウムプラグ(1万くらいが交換目安らしい)
・ブレーキパッド(あと1,2mmしかない)
・ブレーキフルード


ああ、やっぱりね(´・ω・`)
っていうのが本音です


13000kmも一年くらい頑張って走ってくれているんだから、これくらいは仕方がない
ってことで、上記のは全て交換or追加しました

特に、リアタイヤは、今まで使っていたのがIRC製のRX-01という製品でしたが、
その後継タイヤのRX-02が出てきたそうなのでこちらを選択

ウェットグリップ性能が10%、耐摩耗性能が20%うpしたらしいです
現在少し履いてみましたがまだよくわかりません
ただ、若干硬いのですが、これは出来立てだからしょうがないですね\(^o^)/

前のRX-01がよくわからない溝のパターンだったのに対し、
このRX-02はスポーツっぽいデザインなのに俺は注目しました
ならし500kmくらいせねば( ^ω^ )ニコニコ



CBR250Rは純正のプラグしか販売されていないので、それも注文です
店頭には置いていないタイプだそうで(´д⊂)‥ハゥ
CBR250Rはガスケットをはじめ、店頭においてない特種なパーツが多すぎる

交換後、ちょっと気になり始めた、最近の暖気を欲するCBR250Rの特性はかわらず
エンジン始動直後、最近どうもアイドリングが不安定になってきてます
前よりも、気持ちモリモリっとパワーが出た程度の違いしか感じられませんでした

あんまり今日は走っていないので、要研究ですね



これとは全く別件ですが、CBR250Rに乗られている皆様!
フロントのポジションランプの内部の縁に、黄色い変な液体はついていませんか?
実はこれですが、友人とツーリングにいって比較をして初めて気づきました

ちょうどの機会なので、レッドバロンに頼んでホンダの返答をまっている状態です
特に不便というわけではありませんが、あきらかに黄色い変な液体が縁にたまっているので!

ぜひ確認してみてください

NSX-GT RAYBRIG\(^o^)/

特に大した記事じゃないですが、実家にあったミニカーです
あんまり車に興味がなかった頃、親父がくれたこれ

NSX-GT RAYBRIG verです

minicar-nsx-gt.jpg

車種についての詳しい情報が調べてもよくわからん

ただ、このダイキャストモデルをつくっているのがエブロっていうメーカーっていうことだけ

けど、良くできてるな~
青く映っていますが実際はもうすこし紫色です


NSXは、どうもNSR-Rっていうタイプが出ていてこれがどうも5000万するらしい
0がひとつ多いんじゃないかとおもうけど(´・ω・`)
バブルのなごりってやつか

その後にでたLEXUSのでも、高いので4500万らしいからどれだけ高いのか想像がつきます
今はこういうロードスポーツを作る力が日本企業にないのが寂しいです
スープラとかR34とかRX-7とか、今知ってる有名なスポーツカーは大抵90年代とかのだな~・・・
法律の規制もあるだろうけど、ガワを同じで中身きりかえちゃえばいいんじゃね、
と思う今日この頃。


ああ、よくわからん(笑



★北海道ツーリング

7日18:30大洗出港→8日13:30苫小牧着
8,9日の夜は親戚の家に泊り、実質活動開始するのが10日くらいか
10日オロロンラインを抜けて、羽幌町にある、吉里吉里というバイカーハウスに宿泊
11日再び北上し、サロベツ原野付近にあるオトンルイ風力発電を見て、最北端の宗谷岬へ
宗谷岬付近に住んでる親戚のとこに宿泊
12日宗谷を起点に周辺をうろちょろ(朝早起きして、最北端の石碑の前でCBRと写真をとる、同親戚宅宿泊
13日エサヌカ線で道東へ、レッドバロン北見バイクステーション宿泊
14日知床や開陽台をめぐり、遊びつくしてレッドバロン釧路バイクステーション宿泊(必要あれば連泊)


A15日釧路を出発し、阿寒湖に立ち寄って、若干道央の帯広に行き、愛国駅とかみて帯広あたりで宿泊orキャンプ
or
B15日釧路を出発し、一路襟裳岬へ、そのあと、北上して道央の帯広へ、帯広にて宿泊


う~ん・・・どちらにしようか悩む
帯広には宿に泊まるために立ち寄りたいし、幸福駅もみたいし
だけど、襟裳岬も見たい
ああ、やっぱり道東にもうすこし比重を置くべきか

やっぱり襟裳岬をみてから帯広にいったほうがいいのだろうか(゜o゜!
そしたら、道央をうろちょろできる
計画はどうせ崩れるだろうし、そのためにキャンプ道具をもってきたんだからなんとかなるかな?



ついで、楽しみにしてることが一つ
宗谷岬の近くに親戚が住んでいるので、朝早く行けば人があんまりいない状態で写真がッ!
普段だと、人でごったがえしているあの記念碑の前に、
CBR250Rをもってきて写真をとれたら嬉しいな~なんて考えています(^^)v!


早くテスト終われ\(^o^)/

# RSタイチ オールシーズンジャケット\(^o^)/

シンナー臭くて気持ち悪いぐれぷんですorz

日曜日に買って参りました!
北海道用と考えて、メッシュをやめて秋冬用をかうという暴挙に(笑

DSCF7503.jpg

DSCF7504.jpg DSCF7508.jpg

[RSタイチ] 2WAY バイク用 オールシーズンジャケット 単体着用可能インナー CEプロテクター装備 / ブラック / M / RSJ284[RSタイチ] 2WAY バイク用 オールシーズンジャケット 単体着用可能インナー CEプロテクター装備 / ブラック / M / RSJ284
()
RSタイチ

商品詳細を見る


おうおう・・・シンナー臭いorz
テント用の防水材を缶で買って、それを夜にペタペタと塗っていました
夜露がふろうがきにしなーい(/ω・\)



★レポート

こちらのジャケットですが、悩んだ末、悩みぬいた末の、俺の結論です\(^o^)/
北海道ツーリングに備えて、まず考えたのが気温
北海道は、真夏であろうが決して、ほとんど30°を超えることは確か無かったはず(;゚д゚)
4,5年前、まーくんとかハンカチ王子が甲子園に出てた年にめちゃ暑かったな(・へ・)

空気に湿度を含んでおらず、風もひんやりとしていて気持ちいいのです
家にいても快適なのです\(^o^)/

そう考えると、実際走行をするときにどんな風の直撃をうけるのか
こっちでいうと、秋の10~11月くらいの風をうけるって考えて問題はないかな
じゃあメッシュじゃ対応できねえ/(^o^)\



fieldさんとnapsで別れたあと、俺は一人でOA長島(ZOA)にいってきました
そして物色すること数十分・・・ついにみつけたヽ(´ー`)ノ

このRSタイチのオールシーズンジャケットですが、まず値段が安い!
なんと破格の15000円!
定価が23100円なのを考えると、いくら型落ちといっても安すぎます

試着をしても、Mサイズでジャストフィットしました
俺の身長は170cmで体重は60kgの一般的な体格なので、これを基準にしていただければ!
Lサイズもきてみましたが、ぶかぶかだ~

デザインは黒一色で、若干貧しい感じもしますが、HRCのワッペンなどをつければいいでしょう
かえってCBR250Rが真っ黒だから、そのほうが映える!・・・はず
ワッペンをつければオリジナリティもましますしね(*´∀`*)

あと、こちらですが、この値段なのにエルボー、ショルダーさらにバックプロテクターもついています
プロテクター類はいぜん購入しましたが、別々につけるので今の時期はおっくう
そんな俺にもってこいです
ただ、バックプロテクターはソフトタイプなため、これはそのうち買い換えたほうがいいな~


DSCF7505.jpg DSCF7509.jpg

ベンチレーションもしっかりしており、前面の肩、背中の腰回しについています
蒸れることはなさそう


DSCF7506.jpg DSCF7507.jpg

腕の部分には二ヶ所、腰回しに二ヶ所、調整ができます/(^o^)\
これで下に着込んでもバタつきをおさえられます
RSタイチの作り込みに敬服m(__)m


DSCF7510.jpg DSCF7511.jpg

このオールシーズンジャケットの一番の特徴が、
なんとインナージャケットを装備していることです/(^o^)\
フル装備のジャケットに、インナージャケットがついてこの値段・・・!!!

このインナージャケットは、ジャケットにパチっとはめることによって、
暖かさを保ってくれます
下手にフリースなどを着て、動きづらいよりもよっぽど機能

インナージャケット単体で着ても全く違和感がありません
反対にかっこいいぜ( ^ω^ )(ドヤッ


実家から静岡市に帰省するとき、1時間半の道のりで仕様したのですが・・・
さすがに今の時期はつらい/(^o^)\
北海道用だわな、こりゃorz



北海道までついに3週間をきりました\(^o^)/

毎日を指折り数えていますが、テストが・・・!早く・・・!

とりあえず、3週間は向こうにいるつもりなので、もしお時間があれば誰か走りましょう(笑
少なくとも31日までは向こうでうろちょろしているでしょう
なにせ暇なので、ぐうたらと親戚の家ですごしてそうですヽ(´ー`)ノ

7日18:30大洗出港→8日13:30苫小牧着
8,9日の夜は親戚の家に泊り、実質活動開始するのが10日くらいか
10日オロロンラインを抜けて、羽幌町にある、吉里吉里というバイカーハウスに宿泊
11日再び北上し、サロベツ原野付近にあるオトンルイ風力発電を見て、最北端の宗谷岬へ
宗谷岬付近に住んでる親戚のとこに宿泊
12日宗谷を起点に周辺をうろちょろ(朝早起きして、最北端の石碑の前でCBRと写真をとる、同親戚宅宿泊
13日エサヌカ線で道東へ、レッドバロン北見バイクステーション宿泊
14日知床や開陽台をめぐり、遊びつくしてレッドバロン釧路バイクステーション宿泊(必要あれば連泊)

今のところここまで計画を立てました
ま、所詮計画は計画なのであんまり気にしないでおきます♪~(´ε` )



★おまけ

CBR250Rを汚した犯人と対峙してきました
通路で睨み合っていただけですが、やっぱりあれは頭おかしい人だ
身の危険を感じます

今の家にあんまりいたくないので、極力用事をつくって家をあけています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。