フレッシャーズな初心者ライダーと愛車のTMAX530(時々BMW)についてほのぼの語って行きます(^o^)/

純正マフラーカバー(カーボン)売ります\(^o^)/

終了しました。ありがとうございました\(^o^)/

muffler-carbon-cover.jpg

muffler-carbon-cover (1) muffler-carbon-cover (3)

CBR250Rのマフラーカバー(カーボン)です\(^o^)/

使用感があり、小傷等はありますが、1箇所しか傷のない(3枚目参照)美品です
ノークレームノーリターンでお願いします

合計金額は、3500円+送料(1000円~)=4500円~
郵パック(100サイズ)で発送します
申し訳ないのですが、上記の合計金額(4500円~)を、ゆうちょ銀行への先払いでお願いしますm(__)m


muffler-cover-sell.jpg muffler-cover-sell (1) muffler-cover-sell (2)

装着イメージはこんな感じです
膨張色のシルバーが抑えられて、スタイリッシュになります


先着です
下記のアドレスへメールください
当方からの返信後、12時間以内にメールの返信が無ければキャンセルとなります(イタズラ防止のため)

初心者期間終了\(^o^)/

イヤッホウ\(^o^)/

1年前の9月12日、普通自動二輪の免許を取得し、それから本日で一年...!
ついに初心者期間が終了しました(´・ω・`)!

20120912.jpg

長かった1年、短かった1年
んー・・・どっちなのか自分でもよくわかりません
が、とりあえず無事に初心者期間を終了できたのが嬉しいです

年間総走行距離、本日終了時点で17765kmでした(先日間違えて1.8kmと嘘つきましたすみませんm(__)m)
一日に換算すると、48.7kmです
なんで一日にそれだけ乗ってるんだっていう話ですね( ゚д゚)

いろいろな所に行き、バイクに乗らなかったら出会わなかった出会いが数多くあります
自分のルーツも知ることができました
自分がここまでどっぷりとのめり込める趣味があるとは思いませんでした
...etc


CBR250Rも、燃費がよくスポーツ走行もでき、街乗りにツーリングにとオールマイティーな良いバイクです
社外パーツも出ており、自分色に濃くすることができて愛着が湧いてきます
ただ、北海道ツーリングに行ったことによって若干のパワー不足を感じているのも正直なところです
最近試乗をしまくっているのも、自分のバイクの見識を広げるためでもあります

大げさかもしれませんが、自分の人生を大きく変えてくれたのもCBR250Rです
まだまだ乗ってみるつもりです


大型の免許取得も、現在考えています
社会人になってからじゃ大変、という話を多くの人からも聞きましたし、
あと親父のbandit1200sという猫目バイクにも乗りたいからです

大型はとっておきますが、そうすると大型の馬力に魅せられることもあるかもしれませんね(~O~;)
ただ、小排気量の魅力は大型の魅力を超えると思います
いろんな意味で...


さて、ブログの右側にあるプロフィールをご覧の方はお気づきかもしれませんが、
初心者期間を終えてからのブログ名をどうするか
まだ考えておりません(笑
が、初心者の心意気を忘れないために、ブログ名はずっとこのまんまかもしれません
変えるが面倒、というのもあります(・へ・)


長くなりましたが、これからも当ブログをよろしくお願いしますm(__)m

GSR250試乗\(^o^)/

よく走りに行く後輩が、つい先日CD125TからPCXに乗り換えました
俺はCBR250Rが修理中だったため、暇つぶしにレッドバロンにいったらー・・・

偶然見つけたGSR250\(^o^)/
なんか白々しいですね(笑



発売がされているのですが、まだレッドバロンでの流通は1店舗に1台ほど
それで、流通が拡大されるまでは試乗車で広報されているそうです
なるほど、だから店頭にあるのか!

店舗の方も平日だったため、丁寧に対応して頂けました
レッドバロンの静岡店はいつも使っていますがメカも営業の方も丁寧で好きです
ぱぱっと誓約書にサインをします



※以下の写真は後輩から貸して貰いました

44eb5c6500.jpg 30e15804f8.jpg

車格はパッと見でかい、です
フロントフェンダーやタンクが見た目の印象を大きくさしてます
タンク内蔵タイプのウィンカーが、CBR250Rには無いので羨ましい!

また、B-KINGをイメージした異形ヘッドライトが目を引きます
GSR系統独特のヘッドライトですが、これは個人的好きです
なんか・・・迫力あるじゃないですか!

GSR系統のイメージに即したモデルらしく、マフラーも迫力の二本出しです
パラレルツイン独特のフィーリングを楽しむのが楽しみ
後輩がいっていた、ロングストロークエンジンがどういうものなのか
ただ、マフラーの向きがビジバイっぽくて、ネイキッドらしくないのでそこはマイナス点でした
今流行の、もっと釣り上げてもいいのでは(・へ・)!

センタースタンドも、250ccにしては珍しくついています

49d1a4726f.jpg

メーター周りです
ネイキッドですが、セパハンを採用されています
が、これが思ったよりも乗りやすい!
またがった感じですが、姿勢がCBR250Rよりもやや直立するので腰が痛くなりにくそうでした

GSR250の特徴として、多機能デジタルメーターがあります

このメーター格好いいです
ギアポジションインジケーターもついており、
さらにオイル交換のタイミングも教えてくれるメンテナンスインジーケーターも
液晶もきれいで見やすく、好印象です



いざ、試乗\(^o^)/
エンジンを掛けた音は、上記のyoutubeの動画を参照してください
適度に低音のドコドコとしたツインの音が心地良いです

跨っても、アイドリング時の振動があまりありません
ロングストロークエンジンにつけてあるバランサーのおかげか、
回しても嫌なビリビリはありませんでした
この点を、後輩くんはすごい褒めていましたヽ(^。^)ノ

加速性能、というか街なかに関してはCBRよりも乗りやすく、キビキビとした走りができます
脚付きも良好なので、ちょっとした赤信号のときなどの安心感もありました
24馬力という、ツインにしては若干非力ですが、これは街乗りに特化しているのでしょう


まとめると、中華バイクって馬鹿にされていますが、思ったよりも悪くない
CBR250Rよりも一万円安い、438,900円という値段も印象的です
カウル無しのくせして結構重いですが、パラツインで二本出し、
さらには社外パーツが結構出るそうなので、250ccを考えている人にはお勧めです!

ちょっと前のビクスクブームが一段落し、やっと250ccスポーツモデルが出揃って来ました
バイク人口がどんどん減っていってる中、海外産でもいいので、
乗りたいと思わせるようなバイクを出してくれるメーカーに感謝です

2北海道ツーリング(さんふらわあさっぽろ編)\(^o^)/

8月8日
三井商船フェリーさんふらわあさっぽろへ乗船しました\(^o^)/


フェリーでの長距離移動が初めて&お盆で人がたくさん
という環境の中、自分なりに楽しみを見つけれたと自負できます(ドヤ

hokkaider2 (20)

★ツーレポ


さて、乗船をする前にしておくことがひとつあります
前の記事で書き忘れていたのですが、結構重要な事項でー・・・

①船内に持っていく荷物と、バイクのところに置いておく荷物は分けなければならない!
→バイクを駐車している階には、出港してから取りにいけません
②草履を忘れずに!
→船内うろちょろするのに、靴だと億劫になります

①に関して、これは気をつけなければとんでもないことになります
もし着替えがパジャマを忘れた場合、汗臭い服を着てなければならないからです(^o^;
それは嫌だ、という方は忘れずに!


バイクの駐車場は、フェリーの最下層にあります
なので、CBR250Rを降りたら、荷物をまとめて一目散にフェリーの客室階へ向かいましょう!
エレベーターは混んでいて大変です(;^ω^)



それでは一緒に船内へ\(^o^)/

hokkaider2.jpg

エレベーターを降りて、矢印の方向に進んでいきます
俺の寝床はちょうど広間やトイレ、お風呂のあるメインとなる階でした


hokkaider2 (1)

階段を上がると、こんな感じです
右手にいくと、お風呂やエコノミールーム(俺の寝床)
まっすぐいくと、テレビのある広間や、喫煙室、ずーっと直進すると、案内所にいけます


hokkaider2 (2)

右手に行った時の図

お風呂、エコノミールームのドアがありますが、なぜこの写真を撮ったのか不明(笑


hokkaider2 (4) hokkaider2 (3)

直進すると、このような広間があります

テレビがあり、結構な広さがありますので、エコノミーの窮屈さに耐えられなくなったらここへ!
さみしがりやなあなたへ\(^o^)/

広間のすぐ近くには、このような自販機、給湯室も喫煙室もあります
たいていの用事はここで事足りますね


hokkaider2 (5)

古臭いゲーセンもあります
古臭いですが、それゆえにある程度集客があったような気も(笑
俺は一度も立ち寄りませんでした


hokkaider2 (6) hokkaider2 (7) hokkaider2 (8)

広間の抜けて、さらに直進すると下に抜けられます\(^o^)/

下にいくと案内所やショップ、外を見ながら椅子にすわって優雅なひとときを楽しめる...(長い

ショップには、北海道や大洗のお土産がうっています
白い恋人ももれなくあるので、札幌から大洗に行く途中で忘れたお土産を買うことも可能です
特に大したものはありません
あ、カップ麺があったっけ

また、案内所では毛布を借りることができます
寒いと感じたら、クラークに言えばなんとかしてくれます
行きのフェリーでエコノミールームの時は特に寒くありませんでしたが、
帰りのフェリーのときは利用させていただきました


フェリー内では、夜20時からと朝9時(?)から映画が見られます
スマホも使えない、本も持ってきてない、時間つぶすのどうするねんヽ(^。^)ノ
っていうかた、これで時間をつぶすことができます

ただ、忠告しておきますがろくな映画ありませんのでorz
行きと帰りに見た映画ですが、内容全く覚えていない・・



hokkaider2 (23) hokkaider2-3.jpg

部屋に戻ってみると、皆さん思いおもいに時間をつぶしています
ただ、普段の自由と比べ物にならないほど制約されていますが(;^ω^)

なぜかというと、エコノミールームの布団の広さを馬鹿にしていました
幅でいうと、シングルベッドの半分ほどの幅の布団です
長さでいうと、俺が身長170cmなので、ちょうどいいくらい
ということは、175cm以上の方だと結構窮屈に感じるかも?

ちょうど俺の布団は、部屋の右隅くらいだったので、人の往来はあまりありませんが、
部屋の真ん中の人通りが激しいところに布団を配置された方は可哀想でした
布団の場所は指定されているので、運ですねこれは・・・


夕飯は、コンビニ弁当とチューハイです!
こんなもので十分なので、俺の体はCBR並にエコだ!


タコ部屋も面白いもので、隣のチャリダー二人組とお友達になりました\(^o^)/
いろいろツーリングの話や、北海道のお話
さらには同年代というので、ちょこっと大学や就活の話も...

今もツイッターで交流したりしてます
旅の道中、いろいろ連絡しあったり、面白い体験をさせていただきました(*´∀`)
タコ部屋も、個人的には馬鹿にできないいい体験をできる場所だと思います


お風呂は結構気になる方がいるかもしれません

俺の行ったお盆の時期は、お風呂はひっきりなしに混んでいました

22時までお風呂に入れるのですが、
・乗船後すぐにお風呂に向かう人
・乗船してから、ある程度時間がたってから入る人
・22時付近の遅い時間を狙って入る人

ぶっちゃけ、空いている時間帯はケースバイケースなので分かりません
帰りの8月末のとき、混むだろうなー・・・と思っていたら混まなかったりしたので、
時期によるものかと思います
ただ、混む時に入ったので疲れを癒すもくそもありませんでした
芋を洗う状態じゃなかったのが幸いです

お風呂は結構広いです
ボディーソープ、リンスインシャンプーが備え付けられていました



消灯は22時になります
俺は本を読んだり、話をしたり、映画をみたり時間をつぶしていました
周りが寝ているので、寝ざるをえないです

Zzz...



次の日の朝、7時半過ぎに目が覚めました

朝は周りでちょこちょこ人が動いているだけで、寝ている人が結構多い感じ
寝起きでゴロゴロしていると、船の揺れが心地よかったです
朝食を食べられるという館内放送も、確かこの時間帯に聞いた記憶が

顔を洗い、歯を磨き、身支度を整えてレストランへと向かいます

hokkaider2 (9) hokkaider2 (10)

案内所に向かう方向へ直進して、別の階段を登ります
甲板に出ることもできるところで、あとで行くことにしましょう

さて、朝食の値段はー・・・1000円/(^o^)\
昼食はー・・・800円/(^o^)\
高すぎだろ、フェリーの貧民舐めんな

朝食と昼食がセットで1500円のパックがあるので、それで済ませることにします
帰りは絶対に自分で調達してやる


hokkaider2-2.jpg

バイキング形式なので、好きなものを選ぶことができます
バイキングは、どっかのビジホよりは選択肢が豊富ですが、たかがしてれてますね
元をとるため、食えるだけくいます\(^o^)/



hokkaider2 (14) hokkaider2 (13) hokkaider2 (17)

食事を終え、デジカメを手に甲板へ出ます\(^o^)/
空はどんよりとした雲・・・ですが、ところどころに青空が見えます
苫小牧方向を見ると、晴れ間がけっこう見えていました

空気も本州とは比べ物にならないほど冷えています
湿度は感じますが、本州のようなまとわりつくようなジメジメ感はありません


hokkaider2 (11) hokkaider2 (12)

船はおよそ時速40km/hで進んでいます

こんな巨体が海の上を走っているのですから、すごいです


hokkaider2 (15) hokkaider2 (16)

一枚目:遠くに北海道が見えます!
二枚目:イルカがフェリーと並走していました、見えますか?(*´∀`)




部屋に戻り、話をしたり、昼寝をしたり時間を潰しました
エコノミールームから、外の景色を見たり、ずっと興奮していた記憶がw

昼食は12時からですが、カレーとスパゲティのバイキングです
味はー・・・いわずもがなヽ(^。^)ノ
食べて、とっとと身支度を開始します

下船開始はたしか13時くらいからかな?



hokkaider2 (25) hokkaider2 (26)

チャリダーの友人たちと、着岸したというアナウンスを聞いて甲板へ\(^o^)/
空気がさきほど甲板にいたときよりも冷え込んでいます
ああ・・・北海道だ、という感じ

遠くに見える山々ですが、北海道の平坦さがよくわかります
いつも来ていた北海道ですが、以前とは全く違って見えました
興奮しっぱなしです(*^^)v



アナウンスの直後、自動車やバイクの下船指示がでたので、最下層のデッキへと向かいます
ここでチャリダーの友達とはお別れ、旅の無事をお互いに祈ります

皆が一斉にデッキへ向かうエレベーターや階段へ向かうので、大変混雑します
デッキに行くのに体力をつかうってきいてなかったorz

hokkaider2 (21) hokkaider2 (22)

デッキについてから、船内に持ち込んだ荷物をパッキングしなおします
時間は結構余裕があるので、ゆっくりやっても問題はないでしょう
なぜなら、先に車が下船するからです
バイクの下船は一番後となります

準備をしおえ、ジャケットを着て、ヘルメット・グローブを装着します
あと少しで憧れの北海道につけると思うと、テンションが\(^o^)/
ニコ動で、ヤエーの動画を見てから、ずーっと憧れてた土地なのでヽ(^。^)ノ


下船をするバイクに連なって、さんふらわあさっぽろと苫小牧のスロープを降りていきます
このとき誘導していたお兄さんがすごい笑顔だったのが印象的でした
興奮は最高潮で、おそらくCBR250R納車されたときと同じくらい(^-^)!



hokkaider2 (27)

下船後すぐ、さんふらわあさっぽろをバックに写真を撮ります

北海道上陸してから初めての写真です
iphone画質なので、若干悪いですが印象的な一枚となりました

時計を見ると、13時半くらい
目的地の札幌市内まではすぐに到着できそうです



次回は、「3北海道ツーリング(苫小牧から支笏湖編)\(^o^)/」です
支笏湖までの道のりと、プラスαで適当に綴っていきます

1北海道ツーリング(静岡to大洗編)\(^o^)/

8月7日
遅れて申し訳ありませんでした、北海道ツーリングレポです!

大洗まで行くのは、ある意味苦行ですねorz
写真的には、正直あんまり納得いけるのが取れてないッ!

DSCF9116-2.jpg

写真は、確か足柄SAです
もやにまみれてのCBR250R

★ルート


大きな地図で見る

★ツーレポ

出発は、朝の4時でした
前日は、AM3時くらいにおきるために、9時には就寝\(^o^)/



すぐ寝付くのは無理でした、極度の興奮のため、結局寝付けたのは12時です
それでも、AM3時にはぴったり目が覚めました


外の空気は雨は降らなさそうですが、湿気をまとった空気
これがいつもの静岡です(^o^;
いつものことのため、CBR250Rを駐車場から引っ張りだして装備を付けていきます

吸湿速乾UVカットのスポーツインナー(長袖)とジーンズを着て準備をしましたが、
CBRに積載し終えるころには汗だくになっていました(^_^;)
このインナーが、汗を吸収すると冷える化繊タイプなため、まだマシかな?



CBRに、車体に不釣合いなほどの大荷物を積んでいざ出発\(^o^)/
先日、ヘルメットにヘッドホンをセットしたので音楽を聞きながら走行ができます
テンション上げて、いざ大洗へ(´・ω・`)!
時間にして、ちょうど4時です

東名高速清水インターから、新東名へアクセスできます

今回は、新東名~東名~首都高~常磐道というおおよその道筋でいきます
ルート検索をかけると、googleもiphoneのナビも東名を使えと出てきますがー・・・
明らか新東名のが早いだろ(^o^;

嘘乙\(^o^)/

とか勝手にツッコミながら、新東名をとことこ走っていきます

早朝の新東名の霧はすごいですよ:(;゙゚'ω゚'):

結構先のほうまで見えないので、他の車両のヘッドライトがないと大変です
途中とちゅう、まるで雲の上を走っているようなところもありました

時速はぬわわkm/hをキープしながら、順調に御殿場ジャンクションに差し掛かった時、
突如異変が・・・(;゚д゚)ゴクリ…

俺のお腹に\(^o^)/

吸湿速乾のインナーにより、極度に冷却された俺のお腹は見事に下したぜッ☆
食事中の方、申し訳ありませんm(__)m
御殿場ジャンクションから、足柄SAの間はどのように走行したのか覚えてないほど切羽詰まってましたorz



DSCF9116-1.jpg

強制休憩ですね、ここ足柄SAで\(^o^)/
靄がかかっている中、CBRを停車させてトイレに駆け込みました
運悪く修学旅行生がたくさんいる中、ギリギリセーフ(^^)v

出た頃には、修学旅行生がすっかりいなくなって閑散としていました
まだ6時とかそんな時間です
いくらなんでも早すぎますね(´・ω・`)



DSCF9116-3.jpg

強制休憩を終え、足柄SAをあとにします
順調に東名を通り、首都高に近づいていきます
よし、調子良いぞ、このまま首都高ぬけて常磐道を通れば早くつきそうだ♪~(´ε` )

現実はそう甘くない\(^o^)/

首都高渋谷インター付近で事故発生のため、ながーい渋滞が(-_-;)
首都高の料金所に入る手前から、だんだんとスピードが落ちていきます
そしてー・・・停車(;^ω^)

料金所のおじさんに、このあとどうやって言ったらいいか聞いたのですが、
首都高が初めての俺にはさっぱり\(^o^)/
ただ、東北道に抜けるほうにいって、大回りで大洗にいったほうがいいそうな

うまい具合にスルスルと走って行き、渋谷インター付近に差し掛かった時、
ああ、あれか・・・事故車です
こんな朝っぱらから迷惑な、と皆怪訝そうなかおをしながら通りぬけていきます

事故処理をしているところを通り抜けると、あとは軽快路に早変わり(^^)v!

皆も急いでいるのか、ものすごいスピードで首都高を走っていきます
俺は怖いので左車線!

iphoneのナビがないと、首都高は無理ですね(^o^;
ジャンクションやインターが多すぎて大変でした
下道でいくのも、ナビがないと東京は無理だ\(^o^)/



破竹の勢いで、三郷ジャンクションを通り、大洗にむけて一直線に進んでいるとー・・・
電光掲示板にこんな表示が(;^ω^)

「○km先事故車あり」
「またかよ(#^ω^)ビキビキ」


常磐道でも事故処理をしていました
え、普段からこんな東日本って自己あるん、おい(;゚д゚)!
こんな心境でした

日差しもだんだんとキツくなっている、8時すぎ・・・
ここもうまい具合にスルスルと走っていきます
けど、ジャケットは秋冬用のため、ベンチレーションはあるのですがサウナ状態でした



DSCF9116-5.jpg DSCF9116-4.jpg

う~ー・・・暑い、死ぬ(´・ω:;.:...
守谷SAです


ここで朝食を改めて食べます
ああ、そういえば朝は軽食しかたべてなかった(^o^;
木陰の下でほそぼそと朝食を食べます

大洗はあと何時間くらいだろう・・・早くつきすぎるな(-_-;)
っていうことで、早くつきすぎるのでどこかマンガ喫茶でも休むことにします
これは予てから考えていて、できるだけ涼しいうちに出発することで、
体力を温存するのです\(^o^)/

とりあえず計画通り?



DSCF9116-7.jpg DSCF9116-6.jpg

水戸南インターを降りて、すぐ近くにある自遊空間
店員のネーちゃんの態度は悪いですが、すぐさま個室にはいって休みます

到着時間は10時半くらい
フェリーの受付開始が15時からなので、自遊空間は14:30くらいに出発する予定にします

こち亀読んだり、ガンツ読んだり、ジュース飲んだり、昼食を食べたり...
ああ、ここ涼しいからずっといたい
とか思いながら、気づいたら寝落ちしていました(笑
やはり、夏の熱い中常磐道を走るのはキツすぎます


14時半になりました
日差しは若干ながら、この時間から弱くなってくると予想して、いざ再出発!
この自遊空間からおよそ30分から45分で大洗フェリーターミナルに到着できるでしょう



DSCF9116-9.jpg DSCF9117.jpg o-araiferry.jpg

見えてきた見えてきた、大洗フェリーターミナル\(^o^)/
ここまで来ると、標識がいろいろあるので道に迷うということはないでしょう!
係員の指示にしたがって、駐車します!

ついたのは予想よりも早く15時きっかり
受付もあまり混んでないので、手早く済ますことができました



DSCF9118-1.jpg

そしてこれが乗船券\(^o^)/
インターネットで早めに予約しておいたのですが、早割とかはなくて26000円くらい
しかもエコノミー・・・要するにタコ部屋ですねorz



乗船は、確か17時くらいからなので、それまで時間をつぶします!
船の中で必要な食事は、夕食・朝食・昼食の三食
ただ、朝食・昼食券がフェリー内で販売されるので、今晩の夕食だけ買おうかな!
フェリー内の飯は基本高いので、節約の一つです

ってことでファミマに向かい、夕食とおつまみ、酒を購入
タコ部屋で宴会っていうのはいまどきないでしょうが、ちょっとくらいお酒のんでもok!



DSCF9119.jpg DSCF9120-1.jpg

CBR250Rを指示されたところへ駐車します\(^o^)/
他にも数台止まっていますが、結構早い方?

さんふらわあさっぽろは、間近で見ると多い船舶です当たり前ですが(´・ω・`)
これに車やバイク、さらには人を200人以上載せていくのですから、すごいの一言



DSCF9123.jpg DSCF9122.jpg DSCF9124-1.jpg DSCF9121-1.jpg

交差点の真ん中から、四方向に写真を撮ります
一枚目東側(さんふらわあさっぽろが停泊してるとこ)
二枚目西側(駐車場)
三枚目南側(海)
四枚目北側(左手に見える建物が事務所で、ここで発券してもらいました)



DSCF9125-1.jpg DSCF9126-2.jpg

倉庫裏で見つけた、このアメリカンの無人車

ドライバーはどこへいったのでしょうか、気になります

後ろには、ヘルメットに他のツーリング道具が縛り付けてあります



DSCF9126-1.jpg

さて、時間の17時になったので乗船開始です\(^o^)/
乗船時のワクワクは、表現できませんでした!

列になって船内のドッグへ進んでいくのですが、どこかを探検しているような気分です
他の人もどことなくワクワクしてました(笑



後日談というか、ここで面白い話を...
この乗船待機中、実は俺の前に赤いCBR250Rに乗っている方がいました
ひゅー声掛けちゃえYO(*´∀`)
っていうテンションでしたが、お友達の方と談笑されているのでチキンな俺はorz

その方が、つい先日ブログにコメントをくださりました\(^o^)/
それならなんか話でもすればよかった!



次回は、「2北海道ツーリング(さんふらわあさっぽろ編)\(^o^)/」です
船内の風景をいろいろ撮ってあるので、ご紹介します!
北海道ツーリング検討されている方の助けになれば!!

また、コメント頂いた方々ありがとうございましたm(__)m
すべて返信させて頂いてので、よろしくお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。