フレッシャーズな初心者ライダーと愛車のTMAX530(時々BMW)についてほのぼの語って行きます(^o^)/

ヘッドライトバルブ交換\(^o^)/

CBR250Rのフロントライトバルブを交換してみました\(^o^)/

カウルに手を突っ込むだけで交換できるにはできますが、
運悪く手が大きい俺には無理でした・・・(´;ω;`)

20130731.jpg

H4 エクセレントイエロー バルブ S67H4 エクセレントイエロー バルブ S67
(2012/05/09)
ミラリード(MIRAREED)

商品詳細を見る


CBR250Rのバルブの規格はH4です!

同じ規格で車用も流用できるということで、H4規格でhigh/low対応のヘッドライトバルブを購入しました
購入したのは、白色でもなく青色でもない黄色です(笑
値段は近所のホームセンターで950円でした



20130731(1-1).jpg

ヘッドライトバルブを交換するには、カウルを外さなくても可能です
ただ、俺の場合手が比較的大きい(グローブサイズxxlくらい)ので、カウルを外しました\(^o^)/

カウルを外したら、赤丸の所を覗きこみましょう
ヘッドライトバルブはここにあります



20130731 (1)

まずは、ヘッドライトバルブに付いているカプラーを外しましょう
ちょっと力がいりますが、力を入れればすぐに外れます
そうすると、H4バルブの独特なプラグが見えます



20130731 (2)

カプラーを外したら、その周りについているダストカバーを外します
こちらも結構力を入れて外します

個人的には、「これ、外したら元にもどせないんじゃね(~_~;)?」
って思っていましたが、普通に元通りになりました(*´∀`)



20130731 (3)

次はリテーナーを外します
ネットでヘッドライトバルブを交換って調べると、「リテーナー」っていう金属製の金具って出てきて、
どうも外すのにめっちゃ大変ってガクブルしてました(´・ω・`)!

写真の赤丸の所がリテーナーです
これですが、ピンを奥に押し込んで、リテーナーを上に押し上げるとすぐに外れます
「外れる」というのは、「とれる」のではなく上に引っかかって「とまる」ということです



ヘッドライトバルブを外し、新しく購入したヘッドライトバルブを入れます\(^o^)/
この時、ヘッドライトバルブのガラス部分を触らないように気をつけてください
汚れがついてしまうと、そこに熱がこもって割れてしまうそうです
俺の場合、軍手をつけて作業してました

あとは、今までと全く逆の手順をして作業完了です



20130731 (4)

純正よりも、気持ち色がついてますね(*´∀`)
よ~く見ないとわからないなあ・・・



20130731 (5) 20130731 (6)

おお、めっちゃ黄色くなった\(^o^)/
気持ち、これよりも明るい黄色かな?

パッケージで謳ってるとおり、「霧/雨/雪」の視認性あがるんかな?
まだ夜走ってないので、どんなもんかわからないんだよなあ・・・
スポンサーサイト

雑記\(^o^)/

テストで大忙しのぐれぷんです(・∀・)!

必修を一個落としてるので、今期とらないと...とらないと...
悲惨なことに(´;ω;`)ブワッ

20130725 (1)

@日本平
photo by sh-02e



雑記なので、とりあえずちょこちょこ記事を投下していきます



20130725.jpg

CBR250Rにも、ナンバープレートカバーとツーリングフックバーをつけました!!!
ナンバープレートカバーをつける前に、ナンバーがすでに曲がってるのは内緒です
付ける意味ないじゃn(ry

ゴールドのツーリングフックバーを選んだのも、ホイールの色を考えてでしたが...
なんか浮いてるような気がするな(´・ω・`)
けど、ツーリング先でこれつけておけば俺のCBR250Rってわかるからまあいっか



OGK KAMUIのヘルメットシールドが壊れました\(^o^)/

20130725 (6)

購入後四ヶ月ということだったので、そのことをOGKに問い合わせた所、
シールドを無償で交換してくれるとのことでした
さすがOGK!!!

通常はシールドをGOKに送ってからですが、毎日使っているということで、
先に新品のシールドを送って頂けました


20130725 (7)

ここの赤丸のところです
通常は爪があって、それをヘルメット本体にパチっと嵌めこむのですが、
この爪が割れてしまいました

バイパス走行時にまさかの爪割をおこしたので、
ガタガタとシールドが震えだしてとんでもなかったです
幸いにも片側だけでもってくれました\(^o^)/


20130725 (8)

ネットで調べたところ、他にも爪が割れたという人がいました
爪の大きさも、もしかしたら変わってるかも?
と思って比べてみましたが特に変わっておらず
単なる不良品だったのでしょうか?

皆さんももしOGK KAMUIを使っていて不良が出たらすぐに問い合わせをしてみてください(´・ω・`)
個人的には、OGKの素早い対応にかなり好感度があがりました
一生ついていきまっす!!!



北海道ツーリングへも一ヶ月切っています(・∀・)

20130725 (3)

上の画像は、偶然にも浜松市内で見つけたトラックです(笑
こういうのがあるんですね!


さて、今年の俺の北海道ツーリングはどうするか...というと
去年と同じように道内を一周するので概ね決定しております

予約がとれれば、昨年に網走で泊まった「あら鷲」というとほ宿に二泊させてもらい、
知床に摩周湖など、道東を満喫したいです
知床は、去年寄る予定でしたが、時間の関係ではしょってしまったので、
今年は楽しみだなあ(´・ω・`)!

また、北端にある親戚宅にも泊まらせてもらう予定です
ちょうど泊まる時期に、利尻島でサイクリング大会があるということで、
二回目の北海道にして利尻島にも渡る可能性が(笑


今年は昨年と異なり相方がいるので、フェリーが楽しみです\(^o^)/
去年はそういえば、チャリダーのお二人と仲良くなって、今でもほそぼそとtwitterで交流もしてます
なんだかんだでタコ部屋も楽しかったな!

ああ、忘れちゃならないのが卒論を書かなきゃいけないってこと(・へ・)
札幌のばーちゃん家にいる間、多少なりとも進めておくために、
事前に今年はノーパソやら参考文献やらを送っておくことも考えてます



20130725 (4) 20130725 (5)

最近のFAZEはもっぱら輸送機になってます\(^o^)/
静岡と浜松の往復が多いため、荷物をたくさん詰め込んで往復するのには最適です
しかも、積載も抜群なため、ティッシュやらトイレットペーパーやら、
車並みに買い込んでも全部輸送できてしまうこの積載力がすごい・・・!!!


走り味は...
走っているというよりも、路面を滑ってる感じ?
滑らかに走ってくれます
ところが、タイヤが細いのと口径が小さいせいか、路面の大凸をやや拾いやすく、
路面に縦溝が入ってる場合や、歩道などに乗り入れる時にはつまずく可能性が(笑

なんとな~く、こいつのキャラクターがよくわかってきた!

能登半島ツーリング2日目\(^o^)/

弾丸ツーリング2日目を迎えました

ツーリング前はビーナスラインも走ろうっていう話でした
ところが、あまりのハード日程に結局まっすぐ静岡に帰宅します(´・ω・`)b

20130708 (34)

@増穂IC
photo by sh-02e



翌日の懸案事項であった、『皆6時に起きれるのか?』
無事に6時に起きれました(笑

前日も、24時半まで遊んでいたため、実質5.5時間睡眠です
普段だと9時や10時過ぎまで寝ている所、ここツーリングの二日間は実働時間が長い
身体がもたねえ(^o^;)

通常のライダーハウスや民宿では、トイレや洗面所が混みあうでしょうが、
ここのライダーハウスはなんといっても広い!
トイレや洗面所が複数台あるので、そんなこともありませんでした



20130708 (19) 20130708 (20)
ライダーハウス江尻屋の全景
こうみると、日本家屋であるのがよくわかります



20130708 (21)

ライダーハウス江尻屋の隣はすぐ川が流れています
しかし、やぶ蚊や虫はそれほどいなかったなあ・・・
どうしてだろ



20130708 (22) 20130708 (23)

ご丁寧に、コーヒーとゆでたまごを出して頂きました(´;ω;`)ブワッ
こんな高待遇をして頂いていいのか・・・?
写真もとって頂いて、本当にありがとうございます\(^o^)/
また絶対に来るぞ!!!



この後は、金沢森本ICから北陸自動車道に乗ります
そこまでの道のりは昨日と同様に【のと里山海道】を使って!
この道最高に気に入りました(^o^)!

金沢森本ICから北陸自動車道に進入してから、すぐ不動寺PAに寄るつもりが、
なぜかKO君HORNETとOちゃんのNinja250rがすっ飛ばして先にいってしまったり、
いろいろあった(゜o゜)



20130708 (24)

黒部市あたりでインセクトアタックを道中受けました!(^O^)!
何かの甲虫?っぽいのが、130km/hで巡航してる俺のヘルメットを直撃
あまりの衝撃に目をつむりました(笑

体液は上半身のカッパにはじけ飛びました
その後集中豪雨を受けたおかげで洗い流されましたが・・・ひどかった



20130708 (25) 20130708 (26)

上越JCTを目の前にして、名立谷浜SAで休憩
この時点で、おそらく皆の体力とテンションは50%をきってたのでは?
おそろしく長い道のりに、まだ北陸自動車道かよ・・・と内心思ってました

長すぎ・・・\(^o^)/



20130708 (27)

550円の黒胡麻担々麺!
これが思いの外おいしく、体力も十分回復できました(^o^)

ツーリング中、すっごく疲労を抱えている時に食べたものって印象に残ってますよね
北海道ツーリングの時、現地セイコマで買ったサンドイッチやおにぎりをまだ覚えてます
美味しかったなあ(・∀・)



20130708 (28)

上信越自動車道に乗るともう見られない日本海
次に見るのは、北海道ツーリングに行ってオロロンライン沿いから見る景色かな?
それまでには、卒論の大枠としっかりとテストで単位とれていることを願います!



20130708 (29) 20130708 (30)

わーい長野に入って晴れてきたぞ\(^o^)/
流石天気予報、大当たり!!!


ってなわけは無く、ここ長野県の松代PAに到着するまで、大変な豪雨に打たれながら着ました
こんなひどい雨の中走ったのは初めてなくらいです
途中、雨がひどい+深い水たまりのせいで、
車輪の接地感が無くなる(ハイドロプレーニング現象)も体感(^o^;)

この豪雨に打たれるまで、しっかりと防水機能を保持してくれてたカッパも、
袖口のところから浸水をするようになり、このPA到着時には腕がびしょびしょでした
足は幸いにもシューズカバーを付けていたおかげで濡れることはなく

Ninja250rのOちゃんはシューズカバーをしておらず、このようにビニール袋で代用してました
今度から皆買おうな!



20130708 (31) 20130708 (32)

途中で寄った諏訪湖SA
休日ということもあり、観光客がたくさんです
マスツーリングの軍団も見たな

諏訪湖を見ると、ビーナスラインを思い出すと同時に、立ちごけをしたことを思い出します
ガソリンスタンドでやったあの転倒・・・忘れない!!(何



20130708 (33)

中央道原PAに着くころには、体力がもう限りなく低かったです
FAZEのセンスタを立てて、その上にゴロンとなって写真をとったの図

ツーリング中のGSX-R1000,CBR250R(MORIWAKI),FAZE,T-MAX530などがいました
この車種全部欲しいわ!っていいながわ和気あいあい
けどまだ道のり長いんだよな( ゚д゚)



20130708 (35)

増穂ICの近くです
ここの料金所を少し走ってからの路側帯に集合ってことでいたのですが、
なんと皆ガス欠で途中のICで降りたとのこと(笑

そうだよな、双葉JCTの標識が出て同時にGSのマークも出てるのに、
実際GSがあるのは双葉JCT超えてからだもんな
そりゃダマされるわ

一服してたらFTRの後輩が来て、あとの二台は先にある【道の駅とみざわ】で再集合となりました



20130708 (36) 20130708 (37)

無事に再集合をしたあと、R52沿いのすき家にて夕飯を食べ解散しました
この牛丼はキングサイズで、メニューにものってない超特大サイズです
俺は食えないぜ(・∀・)



総走行距離が1000kmを超えるというとんでもないツーリングでしたが、
無事にツーリングを終えられて一安心です
次は梅雨時期を外して行かないとなあー・・・(・へ・)

FAZEの潜在能力も、なんとなく分かった感じ
勢いで北海道ツーリングもFAZEで行きたくなりましたが、
やっぱり北海道はCBR250Rで行きます

能登半島ツーリング1日目\(^o^)/

昨日能登半島ツーリングから帰宅しました\(^o^)/

眠気に疲れがまだ残っていますが、とりあえず記憶が鮮明なうちに更新
有意義なツーリングでした(・∀・)!

20130708 (12)

@のと里山街道 道の駅高松
photo by sh-02e



★ルート





★ツーレポ

ツーリングをするにあたって、直前まで俺たちを悩ましたものがありました
人でも物でもない「天気」です
特に梅雨前線・・・てめえだけは絶対に許さねえ(#^ω^)ピキピキ

宿を予約した一週間前には、高気圧が日本列島のうえに覆いかぶさっていたため、
からっからの晴れだったとおもいます
ところが、先週の水曜日あたりからもくもくと梅雨前線が日本にしゃしゃり出てきやがった!

ツーリングの2日前に、天気予報では富山県石川県などの目的地周辺の降水確率が30-40%でしたので、
予約をキャンセルせずにそのまま実行することにしました
したら、次の日に降水確率が50%以上に跳ね上がってる・・・どういうことだ
※当日朝には70%になっているというオマケ付き

結論を申しますと、普通に皆で集合したので行きました\(^o^)/


実際、マスツーリングに行く場合、他のグループはどうされてるのか気になる所です
降水確率が何%になったら中止をするのか
中止するにしても、何日前にそれを決めるのか
ぶっちゃけ、テンションで行ったツーリングでしたが楽しかったのでまあいいや(笑

4人でマスツーリングっていうのかはわかりませんが、収穫のあるツーリングでした!



20130708 (1) 20130708.jpg

前日に荷物の積載をしてみました(^ω^)
キャリアをつけたので、GIVI箱を付けてみて、
そこにさらにモンベルのドライダッフル(大きな黒い袋)を括り付けます

いかにもツアラーっぽくなりました
50Lのシート下収納、GIVI箱33L、モンベルドライダッフル45L
合計128L・・・完璧\(^o^)/

これ以上積載を増やすには、モンベルドライダッフルの下にホムセン箱を仕込まないと無理だろうな
けど、ホムセン箱とドライダッフルをロープで括り付けるには、キャリアの強度が足りなさそう
うむむ(・へ・)



当日の朝になりました
起床は5時、集合は清水駅に6時です

20130708 (2)

やけに清水駅に行く途中ガラの悪そうなやつが多いなあと思ったら、
清水で毎年行われる七夕祭りの翌日だったらしい
道にはゴミが数えきれない程散乱していて、写真の所はまだ綺麗そう


皆が集合をしてから、降水確率が70%を超えているがツーリング行くかという意思確認をして、
改めてツーリングに行くことに決定しました!
ほぼ集まってしまったし、危なかったら引き返せばおk!
個人的には少し心配だったけど、まあ行けばなんとかなる感じでカバーしました(*´∀`)

当初検討していた、R52を経由して長野を縦断するコースは、
明らかに雨がひどそうってことで、名古屋に抜けてから岐阜経由で能登に行くことにしました
新東名高速を使おうかという案もありましたが、最終的にはランプを経由して東名に連結されるということで、
東名を通って名古屋に向かいます

清水駅に集合した時点では、晴れ/曇り半々くらい
ただ、西の方を見るとどす黒い雲が広がってます
「太平洋側」ってたしか天気良くなるはずだよな・・・カッパ無しでいけるか!



20130708 (3)

いや、今回も・・くっ・・何の予想もあたりませんでしたぁぁ!!
静岡ICから東名にのり、日本坂トンネルを抜けてすぐのPAにてカッパをきました(´;ω;`)
このツーリングではカッパが大活躍をしてくれます



HORNET乗りのK君は、カッパを着ると雨が止むという特殊能力を持ってるそうです
ツーリング前半はその能力が全開だったためビビった(´゚д゚`)

そして、このKO君は次の目的地である浜名湖SAをすっ飛ばすという失態をやらかしてくれました(笑
見落とせるのか!?っていう突っ込みを皆で...



今回のツーリングでは、
高速・バイパスなどのチェックポイントがはっきりしている所を多く走ります
4人で同じペースでずっと走るには、先頭の人の負担が大きくなる
プラス、個々それぞれのペースがあるのでそれを尊重をするということで、
PAやSAなどの目印を決めておき、そこに個々集合をするというふうにしました

親父に聞いたこの方法で、皆のツーリング負担がかなり減ったのではと思います
一緒に走りたいときは走ればいいし、眠くなったりペースをあげたくなったら集団を離脱すればok



20130708 (5) 20130708 (4)

愛知県の名前の覚えてないPAにて、ちょっと腹ごなし
黒豚のしゅうまいくん
10時だったけど、朝飯が5時のせいで空腹がやばかった(・へ・)



この後の経路は、東名(少し名神)を一宮JCTまで走り、東海北陸道へ進入します
東海北陸道に入ってから、多少は持つだろうなー・・・と思ったがそうでもなく。
すぐにカッパを着ました(´・ω:;.:...

ここでカッパを着たおかげで、岐阜県に入ってからの集中豪雨に対応できてよかった!
雨の降ってるところ、降ってないところの境目がハッキリ見えました
路面も乾いてるところから、一瞬にしてバーッっと雨に打たれる感じ
感心してしまった(^q^)



20130708 (6) 20130708 (7)

集中豪雨にあったとき、給油が必要なメンバーがいたためGSへ寄りました
雨がひどいのなんの(-_-;)
こんな中バイクで走るのも久々だなー・・・

右側に見えるNinja1000のおじさんお二人は、天気持つだろうと思って雨具無しでした←
自殺行為だろwww



20130708 (8)

次の目的地であるPAで昼飯をとります
550円の醤油ラーメン・・・何も当地のもの食べてないけどおk金ないし(^^)


20130708 (9)

そして食い終わったら止んでた、やったよ\(^o^)/
50%なのによく持ってくれた岐阜県よ、ありがたい(・へ・)!

ハーレーでマスツーリング中のおじさんもおっしゃっていました
こんな天気の中走っても、それがそのうち良い思い出になると
うん、おじさん青春してるね!
印象に残ったなー・・・



20130708 (39)

東海北陸道をずんずん進んでいきます
単線で、ところどころに追い越し車線がしっかりと用意されていて走りやすい
天気がよければ、高速のくせに景色が気持ち良いツーリングコースになりそうだな(^o^)

このPAについたとき、またもKO君がやらかしてくれました\(^o^)/
ずーっと東海北陸道を進むはずが、飛騨高山に行く方面に間違えて降りてしまったらしい
無事にそのあとここで合流できたのですが、大丈夫か(;´∀`)



と思ったら、俺もやらかしました(・_・)

20130708 (10) 20130708 (11)

次の決めたSAを見事に通過してしまいました
後ろには、KO君にHORNET,OKっちゃんのNinja250Rが走っていたため、
彼らもつられて俺と一緒に通過(笑
しかもその後SAもPAも無いから停車できず、結局、小矢部料金所で待機をしました

言い訳をさせてもらうと、ひどい集中豪雨に合い、メガネが曇ってシールドも曇って見逃しましたorz
この場を借りてお詫びしますm(__)m


FTRの後輩を待っていたら、いったんやんだと思った雨が再び降って来ました
場所は幸いにも富山県に入って、石川県との県境に近いには近い
しかし、まだ先は長いとテンションが一気に下がっていく(´;ω;`)ブワッ



料金所を過ぎ、すぐの福岡ICでおります
その後、一層雨がひどくなったため「道の駅メルヘンおやべ」に退避
5時になり、日も陰ってきて、おまけにチェックイン予定の17時に間に合わなさそうなため、
「ライダーハウス 江尻屋」に急遽電話をします

17時以降ってなってたため、19時に再設定
なんとしてでも間に合わないと申し訳ない

疲労の蓄積と、この後の道のりが長いってわかりきっていたため、
この時のテンションの低さは恐ろしい・・・雨って嫌だなー(T_T)
なんで濡れるだけでこんなにテンション下がるのか?



20130708 (13)

小矢部バイパスに乗り、無事に石川県に入りました
能登半島西海岸沿いに走っている「のと里山海道」を通って、一路目的地である穴水を目指します

この「のと里山海道」は、自動車専用道路として建設され、当初は有料だったそうです
ところが、利便性および交流の活発化のために無料化されたらしいです
おかげで、無料でこんなきれいな道を走れて気持ちがよかった(^o^)!

写真の場所は、のと里山海道に入ってすぐにある「道の駅高松」です
夢だった日本海を見れてよかったものの、疲労で皆のテンションは全く上がらず
とっととライダーハウスに行こうってことで写真をとり、すぐに出発です



20130708 (14)

別所岳スカイデッキSAにて\(^o^)/
目的地の穴水まであとすこし
暗くなってきました

地元民の車めっちゃ早かったです!
法定速度が80km/hのため、それと疲労()のため+10-20km/hで走っていて、
単線のため後続車がきた場合追い越しができません
そこで、追い越し車線が出てくると、ものすごいスピードで抜いてくる/(^o^)\



のと里山海道を終点「穴水」でおります
その後、GSにて給油後、すぐにライダーハウス江尻屋へ向かいます

20130708 (15)

うおおおお、ライダーハウスの中にバイクを入れて頂いた\(^o^)/
到着後、すぐに外にご主人が出てくださり、中に入れていいよ、とのこと
こんな高待遇見たことがなく、皆で顔を見合わせました(笑

室内で保管できるなんて、防犯上最高だし、何より雨を気にしなくていいので最高です
ご主人であるおじさんとおばさんも大変愛想良い方で、常にニコニコと接してくださいました!



ってことで、改めて「ライダーハウス江尻屋」について!
能登半島にできた初めてのライダーハウスだそうです
経営をされているのは息子さんで、実質的な運営はご主人のおじさんとおばさんで運営されています
お二人とも大変愛想の良い方で、18時以降のチェックインでしたが、嫌な顔せず対応(むしろもっと笑顔←)

基本的には素泊まり1000円で泊まれます
しかし、お風呂が必要で+200円かかりますってことで、1200円かな?
寝袋を持ち込めば1200円で泊まれます
かりに寝袋を忘れたり、もってきてなかったとしても+1000円で布団を借りられる良心価格(^o^)

立地も能登半島の真ん中あたり(地図参照)なので、次の日に能登半島を周遊するなどの拠点にも使え、
周辺の見どころもかなりありそうです

周辺の立地としては、コンビニが徒歩3-5分の所にあるので夕飯も問題無し
お酒を皆で勝手、楽しく飲み会をひらくのにももってこいでした

ライダーとしては、バイクの駐輪状態が気になる所だと思います
室内保管をさせて頂ける、さらにはセコムに入られているそうで、セキュリティも最高でした
しかし、バイクを保管して頂く土間に荷物を置きっぱなしにしてしまうと、
夜間はセコムがonになっているため荷物をとりに行けません
パンツや財布を忘れたら悲惨ですね・・・

建物がやけに商店ちっくだったため、次の日に聞いてみたところ、
以前は呉服屋を営まれていたそうです
しかし、能登半島地震(2009年のか、それ以前のかは不明)によって店をたたまれ、
あいた空き屋をライダーハウスに使うことにされたそうです



20130708 (16)

俺たちは二階に案内をされました
先にチェックインをされたNC700Sの方は一階です

二階のどの部屋を使うのかなーって思ったら、なんと二階はどの部屋でも使ってもokとのこと!
人が他にもいないためか、本当にありがたいかぎります\(^o^)/



20130708 (18) 20130708 (17)

夕飯をコンビニで買って、皆で食べました
トランプをしたり、適当にグダグダしたりたのしかったなあ(^^)

夜12時くらいまではいろいろ←して遊んでいたけど、
次の日6時起きのためにそんなにしないで寝ました



俺も今から寝ます、おやすみなさいzzz

世界文化遺産登録後の三保の松原\(^o^)/

世界文化遺産登録後、三保の松原への人の流れがどのように変わったのか

なんとなーく人が多くなったんでしょ?
くらいに考えていたので、実際にどれくらい人が多くなったのか見て来ました\(^o^)/

20130705 (14)

@三保の松原
photo by K100D



以前、三保の松原の関する記事を書いたのは二回

2012/2/4
俺のCBR250Rがまだ金ホイールじゃなかったことです
この頃は記事を見て頂ければわかるとおり、人も平日のためかまばらです
ちょっとした散歩コースには最適かな?

次に記事にしたのが、およそ1年後の2013/5/11です
世界文化遺産に登録されるのか、どうなのかということで観光客がそれなりに見受けられました
まだ、富士山を含む世界文化遺産に、三保の松原は除外されるのでは?
みたいな感じだったので、それなりの注目だったのでしょう



そして、今回・・・(・∀・)
三保の松原へ向かう150号を分岐してから、車も数多く走っており、
また明らかに三保の松原目当ての観光バスも数多く走ってました

20130705.jpg

松原を抜け、とりあえず無料駐車場に駐車をします
一眼レフを積んでるってことで、積載ができるFAZEを選択したのは正解だったっぽいです



20130705 (1) 20130705 (3)

20130705 (4) 20130705 (5)

うおおお、前と比較するととんでもなく人がいるヽ(^。^)ノ
以前はあったのかわからない無料駐車場が複数解放されてるし、
観光バスから絶えず折り続けるおばさんおじさんこえええよー(^o^)



20130705 (6)

世界文化遺産って、ここまで人の流れを変えるのか・・・
前は見向きもしなかったのに、登録されたからってたくさん来るミーハーは個人的には好きじゃないな



20130705 (15) 20130705 (7)

ちょっと階段を登ると、奥に浜が見える松林の中に出ます
晴れている日は本当に気持ちよく、松の間から透ける海がジブリ映画のワンシーンのようでした
浜が白くないってのは少し残念かも(・∀・)


20130705 (8)

おじさんが店の販促もかねて解説をしています
後ろにある大きな松が二代目の羽衣の松ですが、つい先日伐採をされてしまいました
枯れかけていたとかなんとか、テレビでも放送されていました

後継の松が、下の方に小さく映えています
この後継の松が今の松くらいに大きくなるには、あと200年相当必要なんんだとか
当然俺たちは死んでいますが、また200年後もこの松林があってほしいです(´・ω・`)



20130705 (10) 20130705 (11)

20130705 (9) 20130705 (12)

富士山は見えないにもかかわらず、多くの観光客がいます
すごいなー・・・前あれだけ人が少なかったのに、平日の昼間でこれだけいるとは・・・
世界文化遺産恐るべし

大学生がポロシャツにジーンズに一眼レフっていうラフな格好をしていたためか、
地元民だと思われて「富士山どこに見えるの?」とか「登録おめでとう!」って何かわかりませんが、
いろいろ声をかけられました(笑


「おめでとう」っていうのは素直に受け入れていいのか?
個人的には、昔の静かなままの三保の松原をずっと見ていたかったとも思います
観光客がたくさん来たら、景観の悪化だけでなく、普段親しみをもって遊びにきていた所じゃなくなる、
一種の嫉妬心みたいなのかなー・・・ああ、よくわかんね(・・;)

人が全くいない時は、奥に白髪頭の富士山が見えてぼーっとするには気持ち良い場所でした
なんとなーくでも気軽に来れるし、地元民しかこれないような時間にこれるっていう優越感も←



20130705 (2) 20130705 (16)

場所は戻って、三保の松原の入口あたりのところ
歩いて通れる松並木の遊歩道があります
ここは奥まで歩いて帰ってくると願い事がかなうらしい(しらん


20130705 (17)

奥の山に見える日本平に、写真を撮影しに行ったあとすぐに行きました\(^o^)/