フレッシャーズな初心者ライダーと愛車のTMAX530(時々BMW)についてほのぼの語って行きます(^o^)/

ホンダ CR-Z試乗

  • 2016.05.03 02:04
  • Cat:
ちょうど数日前、二泊三日で広島-四国旅行に行って来ました!

友人のCR-Zで行きまして、運転もさせてもらったので
忘れないうちにインプレ書いておきます…良い車だった(ヽ´ω`)b

2016-05-03 (1)

@御在所SA
photo by NEX-5R



デザインはご存知の通りクーペLIKEなデザインです
スポーツカーではなくスポーティーカーだと友人は言っていましたが、
スタイリング自体は、なかなかスポーツを予感させる良いデザインだと思います

発売が2010年の車で、かれこれもう6年も経過しています
モデル末期のマイナーチェンジが今年に入って行われましたが、
それもこちらのデザインにのっとっているわけで、今でも通じる良いデザインなのでしょう

新古車で買ったそうで、こちらは納車時のままのホイールでしたが
車体のデザインを壊すこと無いベターなホイールでした



2016-05-03 (3)

ちょっと見づらいですが、後ろから見るとこんなデザインです
流線形でまわりの景色がきれいに写り込んでいてすごいきれいでした

ダブルレンズになってるテールランプの視認性も良く、
夜間後ろから見るとすぐに「CR-Zだ!」と分かる特徴的なものです
往年のCR-Xとは似てもにつきませんが、テールランプから上の方へキュッとウェストが細く
なっているのは似ていますね!



2016-05-03 (2)

試乗させてもらったのは、CVTモデルです
パドルシフトがついており、変速もカチカチとF1のようにできるようです
また、ECO,NORMAL,SPORTモードがあり、状況に応じてモードを切り替えて走ると楽しいとか…

運転席についてみて、まず感じたのがポジションの低いこと低いこと!
スポーツカーの中では高い方らしいのですが、普段乗用車に乗ってる身としてはかなり低いです
意外と怖い…(´ε` )…


まずは、高速道路上で運転させてもらいました
ドキドキしながら合流車線を走りましたが、モーターアシストがガンガン入ってくれるので、
なんにも不安感もなく合流できちゃいました
この1500cc+モーターアシストってなんだか不思議な感じです
エンジン音+モーター音が加わってるので、気持ちなんだか早くなってるような気もします(笑
エンジンの補助としてモーターが搭載されているCR-Zならではですね!


パドルシフトも予想以上に面白く、
カチカチっとすぐに変速することができます
タイムラグもそれほどなくすぐに変速できてしまうので、無駄に遊んじゃいましたヽ(´エ`)ノ
スポーツモードでは、どうやらこのパドルシフトのギアは固定されるようです
もちろん、下手にギアを落とされないようにコンピュータが制御していますが、
好みのギアで速度を維持して走ることができるので、擬似MT車のようにも走れます

普段MT車に乗っていますが、パドルシフトがあればMTである必要はないかなあとぼんやり思っちゃいました
すぐに変速できるし、無駄なラグがない…こりゃあMT車が淘汰されていくわけだ(ヽ´ω`)


高速で走っていても安定感がありました
道路と道路のツナギをまたいだ場合、うちの子(206sw)ではハンドルがブレるようなことが
しょっちゅうありましたが、CR-Zはそんなこともあまりなく…
直進安定性、ハンドルの応答性どれをとっても言うことの聞く良い子(笑)でした!

この安定感ですが、高速道路だけではなく峠道でも同様です
ハンドルをきり→(タイムラグ)→曲がるっていうようなこともなく、
クイックにハンドルを切っても思い通りに曲がってくれます
急勾配の続くワインディングで、前走車もそれなりの速度で走っていましたが、
応答性が良く、走っていて楽しかったです


中古車相場も落ち着いてきています
100万も切っていて、安いものだと50万円台のものがチラホラ見受けられました
走行距離はもちろん10万kmを超えてはいますが、どれも2010年以降の車なので
経年劣化はそれほど気にする必要はないと思われるので、意外と買いなのでは…(´ε` )!?と思っちゃいました

立ち位置としては、若干中途半端感いが否めず、
自称(笑)車好きの方からは叩かれたり槍玉に挙げられたりはしていますが、
乗ってみてそんな悪い印象はなく、むしろスポーツカー・スポーティーカーの裾野を広げるべく
ホンダが努力を重ねた結晶なんじゃないのかなと思います

良い車です(*´∀`)b
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。