フレッシャーズな初心者ライダーと愛車のTMAX530(時々BMW)についてほのぼの語って行きます(^o^)/

E92のエンジンルーム

E92のエンジンルームですが、BMWの設計思想が色濃く表されています(*´∀`*)
今回はそちらを簡単に紹介します。

2016-08-19 (2)

@家
photo by NEX-5R



2016-08-19 (1)

運転席側にあるレバーをひきボンネットを開けます。
ちなみに、206swでは助手席側にこのレバーがありましたが、E92ではしっかりと運転席側にありました。
あればコスト削減の一貫だったのだろうか…



2016-08-19 (3)

2016-08-19 (5)

油圧式ダンパーで開閉も比較的に楽に行なえます。
エンジンルーム内の全体はこんな感じです。

エンジンの配置を見てみてください。
BMWの設計思想である50:50の重量配分を守るためか、エンジンがかなりコックピット寄りに配置されています。
2L-4気筒という廉価グレードにも関わらず、そういう所へのこだわりはしっかり手を抜かないのは流石です。

ただし弊害として、時々足元の吹き出し口から出る風がぬるい時があります(笑)
こればっかりは仕方ないのかな~



2016-08-19 (4)

マニホールドレイアウトの関係か、エンジンが左側に傾斜してます。



2016-08-19 (6)

ちなみにこのカバーですが、本当にカバーなんです…(意味深



2016-08-19 (7)

ほら、こんな感じで空洞になってますc(`Д´と⌒c)つ彡
最初見た時「おいおいまじかよ…」と思っちゃいました(笑

おそらく、E92はM3のベースとなる車体でもあるので、
V8や直6が搭載されても問題ないようなスペースが設けられているのかと…。
衝突安全性も加味されているのかな?

とにかく、かなり広いスペースがあります…ターボチャージャーでも付けてしまおうか…。



2016-08-19 (8)

ちなみに、タワーバーも純正でついています。
重量配分、剛性…全ては"走り"にスペックを全振りしてるんですね(*˘︶˘*).。.:*♡
ATでも随分と峠や高速を走るのが楽しいので、その恩恵をたっぷりと受けているように思います。

もっと可愛がろう!!!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。