フレッシャーズな初心者ライダーと愛車のTMAX530(時々BMW)についてほのぼの語って行きます(^o^)/

飛騨高山キャンプ(後編)

前編で飛騨古川駅を見た後…

「ああ・・・天気もなんとかなりそうだし、キャンプするか!!!」ということで
キャンプ場(飛騨森林公園)へ直行しました(*´∀`)b
キャンプ場では、中々ラッキーな展開に…(笑

2016-09-19-1 (123)

@岐阜県 飛騨森林公園キャンプ場
photo by NEX-5R



2016-09-19-1 (121)
飛騨森林公園キャンプ場です。
ちょうど飛騨古川駅から車で20分ほどでしょうか…。
「森林」とつくわりには、割りと街に近い所にあるので利便性の高いところにあります!

キャンプ場について、入口に大きな建物があるのでそちらでチェックインをします。
最初来たとき、ちょうど15時過ぎだったのでまだ門(テープだけど・・・)が開いていなかったので、
開けてもらいました。

ここのキャンプ場は料金もリーズナブルで、なんと車の乗り入れもできます。
たしか、700円ちょっとだと思いますが、それでサイトのすぐ近くまで行くことができました。
ただし、乗り入れしないと、2,300mの坂を昇り降りすることになるので、
車の方は乗り入れ必須でしょう…(笑



2016-09-19-2 (17)
場内に案内してもらった際、おじさんにオススメの設置場所を聞きました(`・ω・´)
すると、雨がひどくなりそうだから、ということで、なんと展望台の下(屋根がある!)を使わせてもらえました。
なんてラッキーな!!!

この後、タープを買いに行ったり色々と憂鬱だったのが一気に晴れ
めちゃめちゃテンション上がりました(´∀`∩)↑age↑



2016-09-19-2 (18)
必要な道具を展望台に持ってきて、テントの設営をします。
地面が濡れておらずグランドシートも不要なので中々快適ですね( ´∀`)bグッ!
自宅からは梅酒の2L紙パックを2つ程持ち込みました。



2016-09-19-2 (20)
その後、買い出しにアピタ飛騨高山店へ…
友人が上着を忘れたので代わりになるようなもの買いに(こいつ凍死するつもりなのかな)、
でもって、夕飯や朝食を買うためです。

地場のスーパーはやっぱり面白いですね!
お菓子コーナーもローカルなお菓子がおいてあり、
お土産代わりに結構買っちゃいました(・∀・)

そして…飛騨にきたからには飛騨牛…!!!
を食べようと思いましたが、ちょっとばかし値段が高かったので明日に保留。
ここでは、半額シールの貼ってあるオージー産ステーキで我慢しました。

アピタを出たあたりで大雨に降られました…40%だったのに…
ですが屋根ありなんで怖いものなしm9(^Д^)プギャー



2016-09-19-2 (22)

2016-09-19-2 (23)
夕食をキャンプ場でとってから、そのまま温泉に行くのでは面倒なので、
アピタからまっすぐ温泉まできちゃいました( ´∀`)

すぱーふるという温泉で、
ヌルヌルするな~と思ったら案の定アルカリ性でした・・・最高!!!
こういうヌルヌル温泉大好きです。



2016-09-19-2 (29)

2016-09-19-2 (27)

2016-09-19-2 (25)
飛騨は街なかをはずれるとこんな風景が広がってます。
「君の名は。」で出ていたとおり、ちょっと日がかげりだすとあっという間に真っ暗になっていきました。

のどかなんですけど、どこか静岡の田舎とは違うんですよね~なんなんだろう。
四方を山々に囲まれているからなのか…??

映画の情景を目や耳で感じながら、先程のキャンプ場へ戻りました。



2016-09-19-2 (32)
戻ってみるともうこんなに真っ暗です!!

あと、帰ってきて驚いたことに1組(一人だけど)来ていました!
入口にバイクが置いてあったのでライダーかとは思いますが、
どうやってサイトまで荷物を持っていったのだろうか…。

テントとテントの間に渦巻香を置いて、
ついでに持ってきた防水防塵の持ち運び式スピーカーを置きました。
キャンプのときって音楽あるとまた雰囲気変わりますよね(*´∀`)



2016-09-19-2 (33)
飯作って、つまみ作ってお酒を飲んで適当にグダグダしてました。
やっぱり25近くにもなると中々将来のことも話題にあがりますね~ああ、憂鬱。

22時を過ぎたあたりから雨が振り始めました。
そして23時過ぎには土砂降りになり、そろそろお開きするかと傘をさしながら
炊事場にいったところ…。



2016-09-19-2 (37)
うわああああもっと降ってきた(ノ`Д´)ノ彡┻━┻
屋根があるところとないところ…境目がハッキリと分かります・・・。
雨の音と暗さであまりにも不気味だったので、テントへ急いで戻りました。



2016-09-19-2 (36)
たまにはこうやって日常生活から離れることも大切ですね( ´∀`)bグッ!
つまらんことを延々と話ししているだけでも楽しかったです。



さて翌日…

2016-09-19-2 (64)
白川郷が近くだったので見てきました(*´∀`)



2016-09-19-2 (48)

2016-09-19-2 (52)
道の駅白川郷で、屋内にある博物館にて構造を学び…(40分くらいビデオを見てましたwww)



2016-09-19-1 (188)

2016-09-19-1 (207)
合掌造りの建物を見学してきました!
いや~構造を学んでから見ると見る視点も変わって楽しかったです(^ω^)
あれって、茅葺き屋根を交換するにに5,600万も掛かるんですね…恐ろしい…。

時間が押していたわけではなかったのですが、
遅くに帰りたくはなかったので少し散策しただけで引き上げました。



2016-09-19-2 (60)

2016-09-19-2 (62)
飛騨といったら忘れてはいけない飛騨牛!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
これも勿論食べてきました。

飛騨から白川郷に抜けるながーい山道(R360)の、最も白川郷よりに「柊(ひいらぎ)」という小さな食事処がありました。
かなりリーズナブルなお値段で口の中でとろけるような飛騨牛を食べることができました( ´∀`)
家族経営をされているのか、仲の良さそうなおばーさん、おばさんが印象的なお店です。
地元の人も結構利用してそうな雰囲気でした!



2時前に白川郷を出発し、交互運転で17時過ぎくらいには浜松につきました。
で、なぜか無性に「五味八珍」に行きたくなり、そこで中華を食べることに…。



2016-09-19-2 (73)
友人「あれ、これ飛騨高山って書いてある・・・」

五味八珍の店内は赤い可愛らしい紙細工の人形がおいてあります。
私が子供の頃からずっとです。
その前に、「飛騨高山」と書いてありました。

・・・
・・


んんんん!?|ω・`)ノ
よくよく考えてみると…

2016-09-19-2 (74)

五味八珍の建物自体が白川郷の合掌造りそっくりだったのですwwww
家に帰ってから調べてみると、創業者が感銘を受けてそういう作りにしたとか…。

白川郷からの帰宅途中、「五味八珍」と思いついたのは、
もしかしたら昔からこの建物の外観に洗脳されていたのかもしれません。
最後のさいごで爆笑しながらこのキャンプ旅行は終わりました…。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。