フレッシャーズな初心者ライダーと愛車のTMAX530(時々BMW)についてほのぼの語って行きます(^o^)/

サイドスタンド修理\(^o^)/

ちょうど昨日、サイドスタンドの修理をしてきました\(^o^)/

先輩のお兄さん(通称お兄さん)に教えていただいた工場で、破格の値段で(・∀・)
お世話になった皆様、ありがとうございました!

hasirizome.jpg

以前あった、伊良湖ツーリングでの縁石で曲がったフレームに、サイドスタンド

詳しくは以前の記事を見ていただければ状態がわかると思います
それを昨日直してきたわけです!

先輩と、近くのマックスバリュに16:00集合し、いざ工場へ!
マックスバリュに集まった時、お兄さんに「こりゃあ倒れるかもね」と言われましたがその通りです(-_-;)

話には若干聞いていましたが、いかにも工場、という感じのところです(^O^)v
まさかこういうところに来るとは思わなかったでしょ、と言われましたが、
いろいろと面食らってました\(^o^)/


1.jpg 4.jpg


工場の方は二人体制でやっているようで、むむむ・・・雰囲気からするとちょっと怖そう?
そう思っていましたが、それは最初だけでした
ほかの作業をしていたそうですが、こちらの方にかかってくださるようです
申し訳ありません(´・ω:;.:...

カウルを外し、アンダーカウルを外していきます
そうしないと、フレームをバーナーで焼くときにこげがついてしまうからだそうです
素裸のCBR250Rを初めて見た!

※このカウルを外すところですが、俺が頑張ってもとれなかったウィンカーをいともたやすくとってました(゜o゜!

状態を確認していただいたのですが、やはりフレームとサイドスタンドの接地部分が曲がっているようです

もっと根元のほうで曲がっているって話も出ていたので、
個人的にはかなりビクビクしていましたが、一安心(~_~;)


2.jpg 3.jpg

さて、場所を移動させて、いざバーナーを当てます
内心では、プロの腕を疑っていたわけではないのですが、バーナーで焼くとか初めて見たとかで、
かなりヒヤヒヤしていました(´・ω・`)
途中パンパン音もしていたり


少しバーナーを当て、工場長が調整を終えたあと、
 「このくらいならどう?」
またがって、サイドスタンドを掛けます
 「(すげえー!前とほとんどおなじくらいだ!)丁度良いです\(^o^)/」

・・・プロでした(((( ;゚д゚))))

このあと、焼いた部分に塗装を施してくださいました、そしてカウルの組み立て
すべての工程においては、「カウルばらす→焼く→塗装→組み立て=一時間半くらい!」
嬉しすぎて、終わったあとお礼ばっかりいってました(笑



さて、全て終えたあと、お金を払わなければいけないため、値段を聞いてみたところ、
12000円でいいとのこと・・・

耳を疑いました(゜o゜;
レッドバロンだと、輸送料と技術料で50000円くらいはかかると聞いていたのですが、
破格すぎる、ありがとうございます\(^o^)/

見た目も元のまんまで、
バイクの角度もほぼ同じ
非の打ち所なしの技術です、恐れ入りました( ;∀;)


惚れてまうやろ\(^o^)/
ということで、浮いたお金で何をしようかなー・・・なんて考え中です
そこの工場では、塗装の腕もかなりのものと伺っているので、ホイールの塗装をお願いしようかな(^O^)v


最後に、お世話になった方々、いろいろとありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。