フレッシャーズな初心者ライダーと愛車のTMAX530(時々BMW)についてほのぼの語って行きます(^o^)/

生チョコ\(^o^)/

さーって、バレンタインデーがやってきましたぜ\(^o^)/

企業の戦略に載せられている淑女どm(ry
すみませんm(_ _;)m

ぶっちぎったテンションで生チョコを作ったのでupします`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

DSCF1101.jpg

テストが終わって、家に帰って、とくにすることも無かったのでぐうたら( ´∀`)
そこでテレビでやっていたのが天下の「バレンタインデー」とかいうふざけた行事がやってきましたぜ\(^o^)/

今年は絆チョコとかいうわけのわからんチョコもあるそうなので、
そんな14日に活を入れるべく、いざ「男」の生チョコ作りへ(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
まあ、海外は♂→♀がノーマルらしいのでまあいっか



★さて、落ち着いてきたのでチョコ作りの工程をupします

DSCF1085.jpg

用意するものはこれらです
・板チョコ×2
・生クリーム100ml
・リキュール(大さじ一杯)
・ココアパウダー

これだけです
かなり簡単だと思うので、時間の無い方でもすぐできる簡単生チョコ(^O^)/



①チョコを削って粉状にする
DSCF1087.jpg DSCF1088.jpg

チョコを削って溶かしやすい粉状にします
スライサーか何かあれば簡単に削れます
ですが、粉に削る作業につかれた俺は、途中で挫折して折るだけにしました(笑


②生クリームを沸騰させる
DSCF1089.jpg

チョコを削ってる間に生クリーム(100ml)を沸騰させます


③削ったチョコを沸騰した生クリームに入れる
DSCF1090.jpg

ここで注意するべきは、沸騰させ続けるのではなく、一回火から下ろすこと
混ぜる際は気泡が入らないように混ぜていきます


④リキュールを入れる
DSCF1092.jpg DSCF1086.jpg

今回買ってきたリキュールはこちら
値段はまあまあ
値段相応の味ですね'`,、('∀`) '`,、


⑤混ぜる、そして容器に投入\(^o^)/
DSCF1093.jpg DSCF1095.jpg DSCF1096.jpg

完全に混ぜきったと思ったら、そのまま容器にいれます
容器は買ってきた型でも構いませんが、これはあくまで「男」の生チョコですので、
アルミホイルをしいた深皿にこんな感じでいれます

このまま固まるまで冷えていただきましょう


⑥ココアパウダーをまぶして完成
DSCF1100.jpg DSCF1102.jpg DSCF1103.jpg

お疲れ様でした\(^o^)/
ざっと、作業時間を考えると30分もかからないので楽チンです



★味

味は、生チョコには及ばないですが、食感や風味は完全に生チョコでした
バターやもう少しのいろんなの混ぜてもよかったのですが、あくまでも「男」の生チョコなので関係無し
外見は完全にゴ○ィバ!?

あと、リキュールを混ぜた時もうすこしアルコールを飛ばしたほうがよかったような気が
まあいっか(´・ω:;.:...

あと、極限まで甘いので、糖尿の人は注意
一気に食べると死ねます、間違いなく
俺の場合ですと、板チョコ半分くらいの量を食べましたが、途中で気持ち悪くなったorz
プレゼント用になににしようか考えてる女性の方、これは楽ですよ( ´゚д゚)(゚д゚` )!

あー俺なにやってるんだろう|ω・`)ノ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。